呪術廻戦

呪術廻戦【147話】ネタバレ確定&感想|秤金次登場!停学中の3年生!

こんにちは。ひらりです。

2021年4月26日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【147話】『パンダだって』を読みました。

146話では、天元の元で死滅回遊のルール確認、虎杖たちの役割分担の話がされました。

死滅回遊のルールにのっとり、津美紀を救うまでのタイムリミットも割り出したところで、虎杖たちは飛び出して行きます。

その間も、死滅回遊泳者が明らかになっていきました。

この記事では呪術廻戦147話のネタバレ予想と最新確定&感想をまとめました。

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

U-NEXT
初回限定31日間無料!入手困難な作品もU-NEXTなら取り扱い作品数№1

漫画ランキングこちら

今話題のアニメこちら

無料期間中に解約しても違約金はかかりません。安心・安全なサイトです!

▼登録は3分程でできます!いますぐチェック▼

呪術廻戦【147話】ネタバレ「停学中の3年生、秤金次」

ようやく乙骨と共に名前とワンカットだけのビジュアルが出ていた秤が本編に登場します。

作中では初めて秤金次と言う名前が出てきましたが、既に公式ファンブックでは公開されていました。(良かったら覗いてみてください)公式ファンブックによれば、停学の理由は保守派の人に暴行を働いたから。

乙骨は「ノッた時は自分よりも強い」と話していましたが、休学ではなく問題を起こして停学となっている時点でかなりファンキーな人物であることが予想出来ます。

ギャンブラーでトレッドヘアー。絶対に期待を裏切らないでしょう。

公式ファンブックでは京都での百鬼夜行の際に出向しているようなので、そのシーンが回想で描かれることにも期待が高まります。

呪術廻戦【147話】ネタバレ「高羽史彦が死滅回遊泳者」

146話ラストで出てきたのは来栖華に続く死滅回遊の泳者、高羽史彦です。

来栖華と違い、ザ・一般人という感じですね。

敢えてなんでもないような人物を2人目として出してきたことは、同じような例がこれからたくさん出てくることを示唆しているのでしょう。

死滅回遊を拒否すれば術式を奪われて死ぬ、だからこそ簡単には拒否できないと虎杖たちは話をしていましたが、泳者たちはこのルールをどこで確認しているのでしょうか。

ステージに立っていた時と最後の高羽史彦は様子が違っていたので、覚醒と同時に別の人格が生まれ死滅回遊への参加に接触的になるのではないかと予想しています。

呪術廻戦【147話】ネタバレ「乙骨が死滅回遊への参加を宣誓」

本来であれば伏黒を守るためにも虎杖と一緒にいて欲しかった乙骨憂太は、残念ながら1人で死滅回遊に先入りすることになりました。

大まかな流れは確認したとは言え、やはり直接調査して見なければ分からないことがありすぎます。

心配している宿儺の事ですが、虎杖が死滅回遊へ参加するまでは出てこないと思われます。

そのため乙骨には安心して調査をして欲しいところです。

津美紀に影響を与えない結界での参加を狙う乙骨はどうせなら来栖華を見つけたいはずです。どのようにして結界を選択するのでしょう。

呪術廻戦【147話】ネタバレ確定

死刑が決まった夜蛾は既に捕まり、手を拘束された状態で監禁されていました。

夜蛾の元を訪れた楽巌寺はパンダのことで夜蛾に質問を投げかけます。

本来、呪骸は術師から与えられた呪力を消費して行動します。

しかしパンダは呪力を自己補完できる突然変異呪骸です。

今回楽巌寺が聞きたいのは、夜蛾がパンダを意図的に作ったかどうか。

もしパンダのよぅな呪骸を意図的に作ることが出来れば簡単に軍隊を持つことが出来るため、上は夜蛾を拘束しています。

夜蛾は楽巌寺に答えを求められると、作り方は分からないのだと答えました。
場面は代わります。

夜蛾はどこかの森の中にいました。元気がない夜蛾を励ます呪骸が1体となりに座っています。

夜蛾はその呪骸に長い出張に出ると伝えて去ろうとしました。

自分がいなくても大丈夫だと言い残す夜蛾に、沢山の呪骸が近づき、夜蛾がいないと寂しいと告げました。

また場面が変わります。

パンダもまた拘束されていましたが、日下部がパンダの拘束を解きました。

パンダが捕まっていた理由は夜蛾を誘い出すためですが、日下部は夜蛾に恩があるため上に逆らいパンダを解放したのです。

先ほどのシーンで夜蛾に話しかけていた呪骸は日下部の妹の息子、甥のタケルの魂が入っていました。

日下部は夜蛾に頼みこみ、廃人となった妹にタケルを会わせたのです。妹はタケルを抱きしめ泣きました。

夜蛾の作り出した完全自立型の呪骸は公にすることが出来ません。

そのため、妹と共に暮らすことは出来ませんが、それでも日下部は震えながら夜蛾にお礼を伝えました。

夜蛾は夜の街に出ていました。1人の男が死刑の決まった夜蛾には唯一助かる方法があると言い、完全自立型人工呪骸の製造方法を吐けと言いました。

その男が強気な理由はバックに楽巌寺がついているからでした。

現れた楽巌寺によって夜蛾は倒されます。もう動けなくなった夜蛾は突然自立型呪骸の作り方を話し始めます。

楽巌寺は夜蛾がどうして瀕死になってから製造方法を話したのかと驚き気味に問いかけます。夜蛾は楽巌寺への呪いなのだと答えました。

そこにパンダが現れます。

すぐに構える楽巌寺でしたが、パンダは楽巌寺に目もくれず夜蛾の元へ行きました。夜蛾は既に動かなくなっています。

パンダは人間と違い人を憎まない、楽巌寺が上の命令で動いたことも分かっていると言うと、パンダでも泣くのだと言い大声で泣きました。

呪術廻戦【147話】感想

死刑が決まった夜蛾が本当に死んでしまいました。

冒頭では既に捕まっていた夜蛾ですが、パンダは餌とし捕まっていたところを日下部に助けられています。

それなのに夜蛾は捕まり、その後は外で殺されました。どうやって夜蛾が捕まり、どうやって外に出たのかが気になりました。

楽巌寺はとにかく上からの犬だと分かっていましたが、それでも指示があれば何でも従う人物だと分かりショックです。

仲間だと思っていた人物にやられることほどショックなことはありません。

ラストでパンダが泣くシーンを見ると、この話の扉絵もとても切なく見えてきます。

呪術廻戦【147話】考察

パンダはこの後どうするのでしょう。夜蛾とは違いパンダは死刑ではありません。

しかもここで楽巌寺と戦わないとなれば、楽巌寺も無駄にパンダを痛めつけるようなことはしないでしょう。

真希が忌庫を漁った後でパンダと合流するつもりでいるため、合流の流れとなるのでしょうか。

夜蛾のためにパンダを助けた日下部もいわば裏切り者です。

ここからは呪術師たちも上層部と虎杖たちの2つの勢力に分かれてしまい、死滅回遊を終わらせるだけでは全てが終わらない状況になっていくと思います。

▶呪術廻戦【148話】はこちら

まとめ

この記事では、呪術廻戦【147話】のネタバレ考察・考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

完全無料でコミックスやアニメが見られるのはU-NEXT!

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額
U-NEXT

31日間無料
2,189円
600ポイント付与

月額料金 トライアル期間は無料、その後税込み2189円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

U-NEXT漫画ランキングこちら

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。

\登録は3分程でできます/

さらにさらに動画配信にとっても強いサービスなのでたくさんの見放題作品も豊富に揃っています。

U-NEXTの今話題のアニメこちら

見放題作品は210,000本!!新しい東京卍リベンジャーズや映画公開中のコナンも過去作を配信!見逃せないですね!

初回は31日無料とあれば、絶対損はないですよね

\登録は3分程でできます!いますぐチェック/

週刊少年マガジンやサンデー、チャンピオンヤングマガジンヤングジャンプなども初回のポイントで600円以内なので無料となります。