呪術廻戦

呪術廻戦【146話】最新話ネタバレ確定|天逆鉾と黒縄の行方!五条の封印を解く

こんにちは。ひらりです。

2021年4月19日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【146話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました(▶確定はこちら

145話では、薨星宮にて天元との対面を果たした一行は、羂索こと加茂憲倫の目的とそれにおける天元の重大さを知りました。

津美紀を含めた泳者を救うには五条の封印を解くことと死滅回遊から泳者を抜けさせることが必要。

そのための方法として術式を消滅させることが出来る術師来栖華がいると天元は言いました。

呪術廻戦【146話】最新話ネタバレ「天逆鉾と黒縄の行方」

天逆鉾は禪院甚爾が使っていた呪具です。

天元曰く五条が破壊したか封印したと言うことなので、もしかしたら残っている可能性があります。

黒縄に関しても天元は五条が消滅させたと言いましたが、乙骨がミゲルと探しに行っていたため、まだ残っている可能性がありますね。

獄門彊裏を使い無理やり五条の封印を解く場合にこの2つの呪具どちらか、もしくは来栖華が必要として会話がなされていましたが、どうにかして見つけることが出来れば五条の封印を解くことも可能ですね。

天逆鉾は海外に封印されているかもしれない、となれば現在海外に行ってしまった冥冥が

天逆鉾を持って来てくれる可能性も考えたいところですが、あの守銭奴が動く可能性の方がかなり低いです。

呪術廻戦【146話】最新話ネタバレ「来栖華を探す!?」

現時点で呪具よりも早く手に入りそうなのが来栖華です。

来栖華が五条の封印を解くために術式を使ってくれれば一気に状況は変わりますが、まずは来栖華を見つけることが大変です。

天使を自称するだけあって空を飛んでいる来栖華は、死滅回遊へ参加すること間違いないでしょう。

協力どころかこの状況を楽しんで人間をどんどん殺していきそうです。

説得が不可能であれば無理やり、しかし術式を消滅させられるのであれば天与呪縛によるフィジカルギフテッドがある真希、もしくは虎杖でなければ捕まえることが出来ません。

この2人で捕まえることが出来る相手なのでしょうか。

呪術廻戦【146話】最新話ネタバレ「直接獄門彊も狙う」

呪具のことは諦めたとして、全てを来栖華に賭けてしまうことも中々のハイリスク。

そうなれば直接表の獄門彊を狙うことも視野に入れなければなりません。

つまり羂索、偽夏油を追うのです。

羂索を殺したところで死滅回遊が終わらないことは天元から語られましたが、獄門彊を手に入れて五条の封印を解く上では羂索を追う事にも意味があります。

薨星宮から出るのは虎杖、伏黒、真希、乙骨の4人。

虎杖と真希が来栖華、伏黒と乙骨が羂索を負いたいところです。

乙骨は術式が使えなくても根本が強い、そしてリカがいるため来栖華の方に行って欲しいですが、伏黒1人で検索を相手することも難しいです。

京都校の面々やパンダが虎杖がいない方の班と合流して協力してくれるのであれば、

乙骨は来栖華の方に着くことができるのでスムーズにも進むと考えられます。

まとめ

この記事では、呪術廻戦【146話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。(▶確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。