呪術廻戦

呪術廻戦【145話】最新話ネタバレ考察|天元の元へ!五条の封印を解く方法と加茂憲倫の狙い

こんにちは。ひらりです。

2021年4月12日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【145話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました(▶確定は発売後に追記します

144話では、伏黒から助けを求められた虎杖は「人を助けろ」の言葉を思い出し、自分に出来ることは何かと伏黒に尋ね行動を始めます。

まずは天元に聞かなければならないことがある虎杖たちは、脹相助けで天元の元に辿り着きました。

それでは、この記事では、呪術廻戦【145話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

呪術廻戦【145話】最新話ネタバレ「ついに!天元の元へ!五条の封印を解く方法と加茂憲倫の狙い」

天元は天内理子と同化の際にその見た目を引き継ぐと捉えていましたが、全然違っていました。

天元に五条の封印を解く方法と加茂憲倫の狙い、行動についての回答を求めに行った虎杖たち。

初めはいる場所に行っても会ってもらえなのかと思いましたが、天元は自ら姿を現してくれました。

それは世界のことを考えているからなのか、それとも単に虎杖たちに興味を持ったからなのかは分かりません。

まだ何も聞くところまでは進んでいませんが、必須だった到着と対面を済ますことが出来ました。

呪術廻戦【145話】最新話ネタバレ「虎杖の出生」

第1007話にてかすかに虎杖が思い出した生まれた時の父と祖父のやり取り。しかし1008話ではそれ以上のことは明らかになりませんでした。

加茂憲倫の目的を知ることで、虎杖の出生に触れられることも考えられるのではないかと考えています。

虎杖は額に傷跡のある女性と父の間に生まれた子供であり、額に傷は加茂憲倫の特徴でもあります。

虎杖が加茂憲倫の子供として生まれたことと、宿儺の器となったことは偶然か必然か。

長く生き続けている天元であれば、何かを知っているのではないでしょうか。

虎杖の出生は加茂憲倫を止めるための重要な鍵を握っているかもしれません。

呪術廻戦【145話】最新話ネタバレ「釘崎は本当に死んでしまったのか」

真人に魂の形を変えられた釘崎は頭の一部が変形して倒れました。

脳も損傷していますが、新田がどの段階で術式を使ったのかははっきりしていません。

多分助からないと言っていましたが、確定ではないのです。

伏黒は虎杖に釘崎のことを聞かれ、目を伏せて何も答えませんでした。

虎杖は伏黒の様子から全てを察し、釘崎の死を乗り越えて前に進むことを決めましたが、どこかのタイミングで釘崎が現れ、

伏黒が「死んだとは言ってない」と言う日が来るような気がしています。

まとめ

この記事では、呪術廻戦【145話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!