呪術廻戦

呪術廻戦【145話】最新話ネタバレ確定&感想|天元が薨星宮を閉じていた理由!

こんにちは。ひらりです。

2021年4月12日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【145話】「裏」を読みました。

144話では、虎杖は人を助けろという言葉に従い、死滅回遊を止めるために前に進み始めました。

虎杖、伏黒、脹相、乙骨、九十九、真希の6人は天元に会いに行きます。脹相の九相図を認識出来る力で地下に辿り着いた時、天元が姿を現します。

それでは、この記事では、呪術廻戦【145話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

呪術廻戦【145話】最新話ネタバレあらすじ

天元が薨星宮を閉じていた理由は羂索ことかつての加茂憲倫に九十九が同調していることを警戒したからです。

天内理子との同化に失敗した天元の自我は天地そのものになっていました。

伏黒と乙骨がここに来た目的を話します。

答える前に天元は乙骨、九十九、脹相の内2人を護衛として残すことを条件に出しました。

羂索の目的は日本全土の人類へ進化を強制することです。天元の結界を利用して羂索が人間を術師に出来なかった理由は呪力が足りないから、そのために羂索は人類と天元の同化を狙っているのです。

11年前に進化を始めた天元は今、星漿体以外とも同化出来る体になっていました。

魂も至る所に存在しています。

天元は結界術のおかげで理性を保つことが出来ていますが、天元と同化した人間が暴走してしまえば世界は終わります。

天元が同化を拒否しようにも現在の天元は人間よりも呪霊に近い存在であるため、呪霊操術によって操られる可能性があるのです。

天元はそれを避けるため全てを拒絶していました。それでもいつかは来てしまうことから護衛が必要です。

今全てが始まった理由を九十九が聞くと、天元は自分と星漿体、六眼が全て繋がっていると話し始めました。

羂索は2度六眼の術師に負けているため六眼の封印を考えました。そこに予期せぬ出来事として天元の運命を変える禪院甚爾が現れます。

さらに呪霊操術を持つ夏油が現れ、獄門彊も手に入り、羂索の目的の物は全て集まりました。

現時点での天元との同化は不完全な物になることが予想出来ます。そのため死滅回遊慣らしをとして同化を始めることを狙っているのです。

羂索は死滅回遊の管理者でないため、羂索を殺しても死滅回遊は終わりません。

誰も参加しないか、全員が死ぬか、もしくは新たなルールで全員を抜けさせるかが死滅回遊を終わらせる方法です。

五条の解放についても話す前に天元は護衛を選べと言います。九十九と脹相が名乗り出ました。

脹相は虎杖に九十九、乙骨どちらかの助けが必要だと考え、九十九は個人的に天元と話したいからでした。

護衛が決まり天元は獄門彊“裏”を取り出します。

五条の封印を解くには表が必要ですが、唯一こじ開ける方法として術式強制解除の天逆鉾、もしくは相殺する黒縄があります。

しかしこの2つはもう存在していません。

そこであるもう1つの方法。天元は泳者の中に天使を名乗る千年前の術師、あらゆる術式を消滅させられる来栖華がいると言います。

呪術廻戦【145話】感想

まず初めに思ったことは天元が意外と優しいと言う事です。

最初は姿を見せなかったことと、自分のために星漿体という犠牲を出すこと、そしてその見た目から絶対に偉そうで何も話してくれない人物だと思っていました。

虎杖から見た目のことを突っ込まれる部分があるのですが、そこで500年も生きていれば誰でもこうなると答えたことは不思議です。

まず長生きしても目は増えません。何はともあれ無事に話をしてくれました。

タイトルが裏であるためもっと獄門彊の裏が重要な物かと思いきや今の時点では使えない物でした。

呪術廻戦【146話】考察予想

唯一使える道具が五条によって消し去られていたということで、現時点で五条の封印を解く一番簡単な方法は来栖華を見つけることであると考えられます。

問題となるのは来栖が死滅回遊への参加を宣言するかどうかです。

千年前の術師と言うことと天使と名乗っていることがキーポイントになりそうです。天使と名乗ると言うよりは本当に天使のような来栖。

既に手に何かを持っていることから死滅回遊に参加し、殺し合いを楽しむ人物のように見えました。果たして話の通じる人物なのでしょうか。

呪術廻戦【146話】へ

まとめ

この記事では、呪術廻戦【145話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。