呪術廻戦

呪術廻戦【140話】最新話ネタバレ確定|脹相の実力と作戦!戦うではなく逃げる

こんにちは。ひらりです。

2021年3月1日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【140話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(140話の確定はこちら

139話では、街で呪霊を祓う虎杖と脹相の前に禪院直哉が姿を現しました。直哉は伏黒を殺すつもりであるため怒る虎杖。

直哉が虎杖を行動不能にしようとした時、その場に虎杖死刑の執行役を任された乙骨憂太が姿を現したのでした。

呪術廻戦【140話】最新話ネタバレ「虎杖や禪院直哉・乙骨の目的」

この場にいるそれぞれの目的を整理します。

虎杖は宿儺のことで責任を感じて高専メンバーのところに戻れないと思い込んでいるため、脹相と1体でも多くの呪霊を祓おうとしています。

禪院直哉は本来であれば死刑執行が決まった宿儺の器、虎杖悠仁を殺さなくてはなりませんが、私情から伏黒殺害を優先しようとしています。

乙骨は言わずもがな虎杖の死刑を執行しに来ています。

虎杖は直哉を放置するわけにはいきませんが、なおやに反撃されつつ乙骨からの攻撃を受ければ絶対に生きていることは出来ません。

呪術廻戦【140話】最新話ネタバレ「脹相の実力と作戦!戦うではなく逃げる」

本気を出した虎杖とは互角の戦いを見せた脹相。

現在ダメージを負っていることから考えると、本気でぶつかった時に直哉に勝つことは出来ないでしょう。

そうなれば乙骨に勝てないことも確実です。

この東京の街中には大量の呪霊がいるため、あえてその呪霊を利用して難を逃れようとしてもここにいるのは禪院家の人間と特級呪術師。

なんの意味もなさずに一掃されます。

この場で人間同士で殺し合いをすることにも納得がいかない虎杖は、とにかく逃げる作戦に切り替えるのではないでしょうか。

呪術廻戦【140話】最新話ネタバレ「同じ境遇の虎杖と乙骨」

考えて見れば乙骨も秘匿死刑が決まったところを五条に救われており、虎杖と境遇が一致します。

しかし、虎杖は宿儺に憎しみしかないのに対し、乙骨は里香に対し愛しかありませんでした。

とはいえ、2人とも呪われてしまったことを利用しようとしていたわけではありません。

乙骨はどうしてすんなり虎杖の死刑執行役を受け入れたのでしょうか。

狗巻が虎杖に腕を奪われたから?そうであれば虎杖がやっていないと知った時、乙骨の意思は変わるのでしょうか。

虎杖とは違い乙骨から里香は離れていった部分が描かれたはずであるのに、第137話で普通に里香がいる部分も気になるところです。

まとめ

この記事では、呪術廻戦【140話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。