呪術廻戦

呪術廻戦【139話】最新話ネタバレ確定|狙われる虎杖!乙骨と禪院直哉

こんにちは。ひらりです。

2021年2月22日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【139話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(139話の確定はこちら

138話では、直毘人の死が確定し、禪院家の次期当主に禪院直哉が指名されましたが、

万が一五条が機能しなくなれば伏黒が当主の座に就くという条件付きでした。

直哉は伏黒を虎杖もろとも殺してしまうつもりでいます。

虎杖は宿儺の行動の責任を感じ、伏黒の元には戻らず脹相と2人で渋谷の呪霊を祓いに行きます。

呪術廻戦【139話】最新話ネタバレ「狙われる虎杖」

今は宿儺が沢山人を殺したことを考えるべきではないと分かりつつも、虎杖の頭にはどうしてもそのことがちらついてしまいます。

そんな時に自分の命を狙う2人の男が来てしまったら虎杖はどうするのでしょう。

狙ってくるのは乙骨と禪院直哉。

直哉の場合完全な私情も含んでいますが、殺意を向けることに変わりはありません。

脹相が一緒にいるため簡単にやられることはありませんが、虎杖の精神状態が大きく影響してくると思います。

宿儺を狙う呪霊や呪詛師との戦いではなく、同じ呪術師に命を狙われる現実が、虎杖にもう諦めの感情を抱かせます。

呪術廻戦【139話】最新話ネタバレ「天元と向き合うとは?」

九十九が言っていた”天元と向き合う”という言葉の意味について考えます。

偽夏油が言っていた呪力の最適化という部分でも天元の名は出て来ていました。

天元は不死の術式を持つ人物です。

死んでいないと言う部分で行けば加茂憲倫と若干似ている風にも思えます。

天元は結界の強度を高める力を持っており呪術高専に必要不可欠な存在です。

そんな天元を使えば呪術師だけでなく呪霊の能力を底上げさせることも可能なのでしょう。

九十九は天元と向き合うことで、呪術師や呪霊のこれからのことを決めたいと考えているのでしょう。交渉は上手くいくのでしょうか。

呪術廻戦【139話】最新話ネタバレ「宿儺の現在」

宿儺は現在表に出て来ていません。しかし虎杖の命が狙われるとなると表に出てくる可能性が考えられます。

虎杖が初めて宿儺の指を飲み込み、宿儺が現世に蘇った時点ではまだ五条や漏瑚の方が強いとされていました。

しかし現在の宿儺は10本以上の指を取り込んでいます。

20本の指を持つ宿儺が半分以上の指を取り込んだと言うことはかなり力も戻っているはず。

現にその力を使い八握剣異戒神将魔虚羅を倒しています。

今は伏黒の件もあるため死ぬことは惜しいと思っている宿儺は、

虎杖の命を狙う人物が現れた際”「契闊」と唱えたら一分間体を明け渡す”という条件を使い再び暴れて虎杖を殺させないようにするでしょう。

まとめ

この記事では、呪術廻戦【139話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。