呪術廻戦

呪術廻戦【135話】ネタバレ考察|偽夏油!加茂憲倫に怒りの脹相が!?

こんにちは。ひらりです。

2021年1月18日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【135話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

134話では、夏油は虎杖の目の前で真人を取り込んでしまいました。その時、京都校メンバーが到着し、虎杖は助けられます。

脹相は偽夏油が自分を生み出した親であることと、弟である虎杖を殺させようとしたことに対する怒りで夏油にぶつかるも、裏梅に邪魔をされてしまいます。

呪術廻戦【135話】ネタバレ『偽夏油!加茂憲倫に怒りの脹相が!?』

虎杖を殺させようとした偽夏油こと加茂憲倫に怒り向かっていくも裏梅に邪魔された脹相。

裏梅の目的も定かではありませんが、宿儺についていただけあり弱くはないでしょう。脹相は虎杖戦で消耗しています。

裏梅1人にも勝てるとは限らないでしょう。またこの状況で脹相に手を出してくると思われるのが憲倫です。

脹相は呪霊でもないため取り込むことは出来ないと思われます。そのため、邪魔をするのであればこのまま殺してしまうことも厭わないでしょう。

呪術廻戦【135話】ネタバレ『脹相の死で虎杖にも記憶が流れる!?』

脹相の頭の中に流れた虎杖が脹相をお兄ちゃんと呼ぶ記憶は、実際には存在しないものですが兄弟が皆共通して心の中に持っている可能性があります。

兄という謎の発言をして仲間割れをしている風にしか見えない脹相も、死に瀕した場合虎杖には兄に見えてくるのではないでしょうか。

曖昧にしか覚えていない父の記憶、何も知らない母のことなど、虎杖の頭には今まで知らなかった事実が全て流れ込んでくると思います。

そうなれば虎杖も精神を保っていられるかは分かりません。

呪術廻戦【135話】ネタバレ『次に来るのは…?』

現在虎杖がいる場所には、憲倫(偽夏油)、裏梅、脹相、日下部、パンダ、加茂、西宮、三輪、歌姫、真依がいます。

京都校のメンバーが集まっていますが、正直東堂が抜けてしまったことは痛いです。

京都校のメンバーでぶつかっても憲倫には攻撃を当てることが出来なかったため、人数がいれば勝てるわけではありません。

やはり重要となるのは五条を復活させることですが、今そこに目をやると全滅する可能性が高いです。

七海も死亡し、おそらく直毘人や真希もダメな状態です。ここで勝つためにはまだ出て来ていない乙骨などの存在が必要になってくるのではないでしょうか。

呪術廻戦【135話】考察の続き

まとめ

この記事では、呪術廻戦【135話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!