呪術廻戦

呪術廻戦【124話】最新話ネタバレ確定&感想|渋谷事変㊷釘崎の過去

こんにちは。2020年10月5日発売の週刊少年ジャンプより、呪術廻戦【124話】「渋谷事変㊷」のネタバレと感想&考察予想についてまとめました。

123話では、真人の分身と戦う釘崎が、計らずも虎杖を助けました。

真人の術式を知っている釘崎は、共鳴りを使えば真人にダメージを与えることが出きると思い攻撃しましたが、それにより遠くにいる本体、つまり虎杖と戦う真人にもダメージを与えたのです。

呪術廻戦【124話】最新話ネタバレあらすじ

虎杖は真人に起きた異変が釘崎によるものだとどことなく感じていました。

そして、勿論この好機を逃さず真人をたたき始めました。

共鳴りの余韻が残る真人はまだ思うように体を動かすことが出来ないため、虎杖はとにかく攻撃し続けます。

これまで何もできず、誰も助けることが出来なかった虎杖ですが、釘崎のサポートが虎杖に独りではないことを教えてくれました。

だからこそここで確実に真人を殺さなくてはいけません。

この頃分身だと認めた真人は、何かを感じて地下へダッシュ。釘崎はこのまま真人を倒して地下5階を目指そうと考え、真人を追いました。

真人本体は複数の玉のように分裂してしまったため、虎杖は重要な部位が含まれる個体を探します。

1体、際立った呪力を纏った個体がいたため、虎杖はすぐにその個体を潰しますが、真人による誘導であり本体は残る個体を回収しながら走って行ってしまいます。

虎杖が追いかける先には、釘崎が追いかけている真人がいたため、ダメージ修復のために2体が融合すると虎杖は予想しましたが、

真人同士はすれ違いそのまままっすぐ走っていきます。

追いついてきた釘崎を見て、虎杖は真人の狙いに気付きました。

真人が本体だと気づいていない釘崎は、これまで通り真人への警戒が解かれたまま、真人に顔面をたたかれてしまいました。

虎杖はすぐに真人をぶん殴ると釘崎に駆け寄りました。真人自身、七海のような前例がいるため釘崎がどうなるのかを興味深く見ています。

一旦物語は釘崎の過去を遡ります。

2009年、当時まだ6歳だった釘崎は、自分以外の村の人間は全員頭がおかしいのだと思い込んで生きていました。

呪術廻戦【124話】感想

釘崎が作ってくれたチャンスを逃すまいと戦った虎杖ですが、いつも真人の方が1枚上手で逃げられてしまう気がします。

いつもお茶らけている真人にいつまでも敵わない様子は見ていて歯がゆく感じます。

今回、釘崎が真人本体に触れられてしまいました。七海よりは明らかに劣る釘崎はここで生き残ることが出来るのでしょうか。

虎杖は今が1番重要な時だと思いますが、釘崎を気にしてしまったせいで真人に逃げられたとしても何も言えません。

呪術廻戦【125話】考察予想

釘崎が生きているのかどうかがとても気になりますが、次回の話は過去回想の部分が一番多くなりラストで釘崎がどうなったかについて描かれるか、どうかという感じの構成だと思います。

しかしここで記憶が蘇る理由は走馬灯である感じもするため、もしかしたらここで真人に弄ばれるように死んでしまうのかもしれません。

また大切な人を守れなかった虎杖は、怒りを抑えなければいけないと思うもそろそろ限界が来てしまうでしょう。

呪術廻戦【125話】へ

まとめ

この記事では、呪術廻戦【124話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

完全無料でコミックスやアニメが見られるのはU-NEXT!

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額
U-NEXT

31日間無料
2,189円
600ポイント付与

月額料金 トライアル期間は無料、その後税込み2189円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

U-NEXT漫画ランキングこちら

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。

\登録は3分程でできます/

さらにさらに動画配信にとっても強いサービスなのでたくさんの見放題作品も豊富に揃っています。

U-NEXTの今話題のアニメこちら

見放題作品は210,000本!!新しい東京卍リベンジャーズや映画公開中のコナンも過去作を配信!見逃せないですね!

初回は31日無料とあれば、絶対損はないですよね

\登録は3分程でできます!いますぐチェック/

週刊少年マガジンやサンデー、チャンピオンヤングマガジンヤングジャンプなども初回のポイントで600円以内なので無料となります。