夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦【78話】最新話ネタバレ確定&感想|最後!アイを助けるために!

こんにちは。ひらりです。

2021年4月12日発売の週刊少年ジャンプより、夜桜さんちの大作戦【78話】「アイとミズキ」を読みました。

77話では、皮下のいる最下層までやって来た太陽と凶一郎に、皮下は七悪がピンチの映像を見せました。

皮下を攻撃してアジトごと全員で自爆するか、七悪を見殺しにするかの二択を迫られる太陽ですが、その時七悪の元にヒナギクが到着。

七悪を開花をして兄を支えます。

夜桜さんちの大作戦【78話】最新話ネタバレあらすじ

開花した七悪の体はミズキが直接入れてくる毒、充満しているガスを浄化し始めました。

七悪の開花「適応」はどんなものも最適化させるのです。

七悪は巧みに操り支配して、人から環境を奪う皮下を許すことが出来ません。

ここは存在してはいけない、と言う七悪の強い力は猛スピードでミズキの毒を解毒しました。

ミズキの体は毒の生成が追いつかずに解毒され、その場に倒れてしまいます。

七悪はミズキを倒しガスも消したことで一安心。

しかしその時アイの様子が一変します。突如倒れたアイは、葉桜の過活性ショックを起こしたのです。

このままでは死んでしまう。

七悪は自分の血で葉桜を活性化させようとします。

しかし現在の葉桜の量では夜桜の血を受け止めることが出来ないため、アイの状態はどんどん悪くなっていきます。

ミズキはアイに触れると自らの葉桜を全てアイに注入し始めました。

ミズキは自分の娘とアイを重ねていました。

虐待されていたアイを助けると、気まぐれで不要な者に手を下す皮下から守るためにアイに厳しくあたりました。

ミズキは自分がアイを暗闇に引き込んだことを悔やんでいたのです。

葉桜を全て失えばミズキは死んでしまいます。

回復しつつあるアイはミズキがいなくなることを嫌がりましたが、ミズキはそのまま消えてしまいました。

皮下は1人のために死んだミズキをバカにします。

その時太陽に四怨から、皮下を攻撃してもアジトが爆破されないことを伝えられます。太陽は即座に皮下への攻撃を始めました。

夜桜さんちの大作戦【78話】感想

アイとミズキの間にあった深い関係はもう少し詳しく教えてもらいたかったです。ここばっかりはあっさりと終わらせてほしくなかった・・・。

前回ミズキの境遇が語られ、今回そのミズキがアイを助けた部分がありましたが、守るためとはいえアイを傷つけたミズキの心情はどのようなものでしょう。

それでも最後はアイを助けるために命を捧げたミズキは、心の優しい父親だったと思います。

殺したわけではありませんが、救えなかったことは残念ですね。

夜桜さんちの大作戦【79話】考察予想

皮下を攻撃してもアジトは爆発されないため、ようやく自由に戦えるようになりました。

しかし、電気銃を浴びせられた皮下は笑っています。

太陽がやみくもに攻撃する人物出ないことは分かっていそうなので、アジトが爆発することの笑いではありません。

それではなんの意味を含んだ笑みなのでしょう。

皮下には六美の母親の遺体というカードがあります。

保管している理由も含め、皮下は遺体を表に出してくるでしょう。皮下が種まき計画にこだわる理由が遂に明かされます。

夜桜さんちの大作戦【79話】へ

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦【78話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

 

2021年3月4日に夜桜さんちの大作戦【7巻】が発売されました。7巻を無料で読むならU-NEXTがおすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね!無料トライアル