夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦【57話】最新話ネタバレ確定&感想|蘇る!家族の記憶

こんにちは。ひらりです。2020年11月2日発売の週刊少年ジャンプより、夜桜さんちの大作戦【57話】「太陽のピアス」を読みました。

56話では、皮下と百を見つけた太陽の前に、葉桜完全適合者のハクジャが立ちはだかりました。

葉桜により寿命が10年となったハクジャですが、元々病に侵されていたハクジャにとっては動けるようになったことこそが幸せ。

太陽はそんなハクジャを止めて前に進まなくてはいけません。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦【57話】のネタバレと感想&考察予想についてまとめました。

「夜桜さんちの大作戦」の漫画を1冊無料で読む

夜桜さんちの大作戦【57話】最新話ネタバレあらすじ

ソメイニンにより強化された体で剣術を使う際、「バランス」が重要なのだと辛三から指導を受けていた太陽は、焦らずにハクジャとの距離を縮めます。

髪を切り落とすも、ハクジャのことはスタンガンで気絶させようとしている太陽。しかし、ハクジャの髪は際限なく延びて太陽を襲います。

目ばかりを強化するなと注意されていましたが、目に集中させなければ攻撃を見切ることが出来ません。

その時、髪の毛の中に文字が見え始めました。

ハクジャは見張りをしている皮下にばれないように、工夫してメッセージを送ってきたのです。

目を強化していなければ見えないそのメッセージで、ハクジャは自分のせいで太陽の家族が死んでしまったのだといいました。

一瞬の動揺で太陽は攻撃を受けてしまいますが、また見切りに集中します。

10年以上前、ベッドの上でとにかく生きたいと願っていたハクジャこと白井雪16歳の元に、製薬会社に勤める太陽の父日出と看護師である母あかりが来ていました。

2人は雪の誕生日に、太陽のピアスをプレゼントしました。

家族のいない雪の支えとなっていた2人。その病院には外部から皮下も来ていました。

雪は皮下の依頼で、日出のいる製薬会社の新薬の治験を受けていました。

薬が効いて歩けるまでに成長した雪は、退院しました。

しかし数年後の検診時に、受けていたものが薬ではなく葉桜であることを知りました。

病気も治り、さらに唯一葉桜が完全適合した雪は、朝野夫妻もグルだったのかと聞きました。

皮下は2人は何も知らないと言った後、無情にも2人が家族と共に死んでしまったことを伝えてきたのです。

絶望と共に得た命。

ハクジャは、結果として救われた命のこともあり、皮下を裏切ることが出来ないこととこの任務で死ぬことを太陽に伝えます。

更に、あかりから貰った太陽のピアスにはGPSが組み込まれているため、ピアスを使えば皮下を追うことが出来ると言ってピアスを渡そうとします。

太陽の家族を殺した償いとして新しい家族を守る手伝いをさせてほしい、とハクジャは言っていますが、この時大きなショックを受けた太陽は、秘めていたはずの家族の記憶を思い出していました。

夜桜さんちの大作戦【57話】感想

生きるために悪を選んだのだ、と言っていたハクジャも結局は被害者だったわけです。

悪いのは全て皮下、皮下の上にはボスがいるようですが、それでも大きな主導権を握っているのは皮下で間違いありません。

太陽はこの戦いの後泣いてしまうことは間違いありませんが、その前にいまの状況では勝てるのかどうかも分からなくなってしまいました。

六美のために来たこの列車で、予想外の事態に陥った太陽はこの危機を乗り越えることが出来るのでしょうか?

夜桜さんちの大作戦【58話】考察予想

次回は朝野家の記憶なのかもしれませんが、おそらく記憶が暴走してしまい感情をコントロール出来ない太陽の様子が描かれるでしょう。

ハクジャの体ももう限界ですが、最後の最後まで戦いにおいて手を抜くわけにはいきません。太陽が戦えなくなれば、このまま殺してしまうしかないのです。

どうしたことか、ハクジャは悩み死んだふりをするかもしれませんが、そうすれば皮下には全てばれてしまうでしょう。

太陽がどうなるかに命運が託されます。

夜桜さんちの大作戦【58話】へ

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦【57話】のネタバレと感想&考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

 

2021年3月4日に夜桜さんちの大作戦【7巻】が発売されました。7巻を無料で読むならU-NEXTがおすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね!無料トライアル