夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦【92話】ネタバレ確定&感想|辛三と太陽の開花

こんにちは。ひらりです。

2021年8月2日発売の週刊少年ジャンプより、夜桜さんちの大作戦【92話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

91話では、一次試験、太陽が受験していることに気づいた辛三は、試験官として兄として贔屓なく試験を進めました。

あくまで辛三を傷つけずに触れようとしていた太陽ですが、その甘さは許されず辛三と命を懸けた戦いが始まるのでした。

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

U-NEXT
初回限定31日間無料!入手困難な作品もU-NEXTなら取り扱い作品数№1

漫画ランキングこちら

今話題のアニメこちら

無料期間中に解約しても違約金はかかりません。安心・安全なサイトです!

▼登録は3分程でできます!いますぐチェック▼

夜桜さんちの大作戦【92話】ネタバレ確定「辛三と太陽の開花」

太陽が開花をしたのは自らの命の危険を感じたからであることは勿論、辛三が開花していることに共鳴したという理由もあるのでしょう。

辛三の開花は「破壊」、太陽の開花は「硬化」で名前だけ見ると拮抗した能力であると考えられます。

しかし開花の経験値、力や身体能力も全て辛三は太陽を上回ると考えた時、太陽の硬化さえも辛三に見切られ、ピンチになるのではないでしょうか。

開花してもなお殺される危険はなくならないのです。

かなり危険な試験となりました。改めて考えると、太陽だけが受験者の中で殺されそうになっています。

夜桜さんちの大作戦【92話】ネタバレ確定「殺す“気”で行く」

殺す気で戦うと言った太陽。

しかし殺してやる、ではなく殺す気と言った事から太陽はどうしても辛三の体を守ろうとするでしょう。

全力で戦うことは勿論ですが、その中でも相手の命を守ることが出来るのが太陽です。

自分でも深く考えないまま、辛三の命を守って戦っていると思います。

七悪の毒で鍛えられた辛三はとにかく体が強いので太陽が多少強引に来たとしても辛三は死なないため気にしていると負けてしまいますが、太陽の全力は辛三に通用するのでしょうか。

夜桜さんちの大作戦【92話】ネタバレ確定「受験者は10分の1へ」

一次試験が始まって最初の攻撃により、約300人いた受験者は3分の1である100人ほどに減りました。

そこからまとめて辛三に向かって行った者たちが全員行動不能になり、確認できただけで12人、おそらく20人ほどが脱落したでしょう。

残る80人から更に50人くらいが脱落するのは難しいと考えられそうですが、辛三に直接やられずとも太陽と辛三の戦いに巻き込まれる、

そもそも体に触れることが出来なかったと言う理由で脱落になる者が現れるでしょう。

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦【92話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(▶確定は発売後に追記します)

ここまでご覧くださりありがとうございます。

 

2021年3月4日に夜桜さんちの大作戦【7巻】が発売されました。7巻を無料で読むならU-NEXTがおすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね!無料トライアル