夜桜さんちの大作戦

夜桜さんちの大作戦【70話】最新話ネタバレ感想|戦闘決着!二刃VSアカイ!

こんにちは。ひらりです。

2021年2月15日発売の週刊少年ジャンプより、夜桜さんちの大作戦【70話】「東風」を読みました。

69話では、アカイの過去が明かになりました。元々皮下に目をつけられていたアカイですが、放火犯により家族を奪われ、自身も大火傷を負ったことで実験台となりました。

憎いもの全てを燃やしつくす力を手に入れたアカイに対し、二刃は全てを受け入れる力で対抗します。

それでは、この記事では、夜桜さんちの大作戦【70話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

夜桜さんちの大作戦【70話】最新話ネタバレあらすじ

二刃の様子が変わり、アカイはこれが夜桜の「開花」であることに気が付きました。

皮下から夜桜の開花について口うるさく言われてきたアカイは、大して変わって見えない様子の二刃の力を試すために攻撃をします。

皮下からは、張り合わないように言われていました。

アカイの熱線が二刃めがけて一直線に飛んできます。二刃は手を前に出すと、熱線をひゅるりと丸め球体にし、そのまま小さくして消してしまいました。

これこそが二刃の開花「包容」です。二刃は高まった動体視力と繊細な指先で全てを無力化することが出来るのです。

気に入らないアカイは熱線を増やし攻撃しますが、全て巻き取られ消されてしまいました。むきになり始めたアカイに皮下から指示が入ります。

このまま活性を続ければ焼け死んでしまう、自分のため世界のために一旦退けと皮下は言うも、アカイ拒否しました。

アカイは皮下が言ったことなどどうでもよく、自分の命よりも気に入らない者を殺す方が重要だったのです。アカイの熱が限界音頭を超えます。

勝ちを確信したアカイは二刃に別れを告げます。そして巨大な火柱が上がりました。

しかし二刃は無傷でアカイの手に触れています。

驚き、目を見開くアカイに、二刃は「しだれ組手 東風」を当てます。

火が消えたアカイ。それはアカイの細胞内にある葉桜の火種も悪意も全て消し去っていました。

二刃はアカイの体を支え、全てを失っても立ち直れた者もいると言って太陽を思い出しました。

アカイは気を失い、皮下たちに送られていた映像が途切れました。

アジト内の様子を確認した皮下ですが、このアジトがやられてしまっても問題はないと言い余裕の様子。

そして、冷凍保管された夜桜零、母の遺体が描かれます。

夜桜さんちの大作戦【70話】感想

二刃VSアカイの戦闘決着。現時点で開花を見せてくれたのは万、太陽、二刃。3人とも優しい力です。

直接相手に攻撃をするタイプの能力向上ではないことが夜桜家の優しさを物語っています。

虹花1位のアカイが夜桜の開花には手も足も出なかった時点で、タンポポは詰んでいるのではないかと考えてしまいます。

しかし最後に出て来た夜桜零の遺体。凶一郎の言っていた悲劇が本当に起きていました。この現実は兄弟姉妹の戦闘に影響を与えてしまいそうです。

夜桜さんちの大作戦【71話】考察予想

現在のアジトの状況は太陽たちの進行率が26%で間もなくアオヌマと接触予定、さらに島に向けて不明のヘリと船が多数接近している状況です。

ついでに言えば辛三がクロサワの足止めをしています。ヘリと船に関してはヒナギクがそろそろ到着するということです。

次回はアオヌマと太陽たちが接触し嫌五が残る場面と、辛三とクロサワの戦いが過熱するとみて間違いないでしょう。

アカイが破れたことをクロサワも知っていれば、クロサワの戦いにも変化が起きそうです。

アカイを助けた時にクロサワも皮下と一緒にいたことで少しくらいの情があるのではないでしょうか。

夜桜さんちの大作戦【71話】へ

まとめ

この記事では、夜桜さんちの大作戦【70話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

 

2021年3月4日に夜桜さんちの大作戦【7巻】が発売されました。7巻を無料で読むならU-NEXTがおすすめです。ぜひチェックしてみてくださいね!無料トライアル