弱虫ペダル

弱虫ペダル【635話】最新話ネタバレあらすじ感想|圧倒的なカリスマ!御堂筋!

こんにちは。ひらりです。

2021年4月15日発売の週刊少年チャンピオンより、弱虫ペダル【635話】「カリスマ」を読みました。

634話では、府道50号で自主練に励む御堂筋。 人に頼さとは弱さの表れだと、ストイックなまでに強さを追及します。

それでも母親の言葉を思い出しながら“タイセツなモノ”は何かと不意に考えます。

御堂筋はインハイ後に初めて部活に顔を出すと、京都伏見の新キャプテンは自分だと名乗りを上げるのでした。

それでは、この記事では、弱虫ペダル【635話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

弱虫ペダル【635話】最新話ネタバレあらすじ

紛糾する新キャプテンに自ら立候補した御堂筋。。

すると後輩の1、2年生たちは道理だと、むしろ歓迎の様子です。

異を唱えようとする水田でしたが、熱狂する周囲の雰囲気に無駄だと諦め気味。

一方、山口は驚くばかりです。

石垣のキャプテン時代に突如として現れた御堂筋は、自転車部を一変させた“災いの男”という印象でした。

しかしながら、御堂筋は今の1年生にとっては結果を残した偉大な先輩です。

比類なき統率力。

圧倒的な実力、指導力。

完璧なまでの策略、実行性。

何といっても御堂筋が備える圧倒的なカリスマには、先輩の山口すら身震いします。

純度と強さは比例するもので、濁った奴は不要。

覚悟のあるものだけが付いて来い。

御堂筋にかしづけと命令されて従う部員たち。

もしかしたら、御堂筋の3年目で京都伏見が最強となり得る可能性があるからです。

御堂筋のキャプテン就任は、瞬く間に全国のライバル校に広がりました。

広島の呉南自転車部キャプテンである東村は、既にチェックメイトだとメガネの奥に自信を覗かせます。

ハコガクの真波は、御堂筋の話を委員長に伝えます。

その拍子に真波が自転車部のキャプテンに就任したことを初めて知り、委員長は思わず涙を流すのでした。

そして、総北の面々も御堂筋の件を知ることに。

らしくないと鳴子が感想を述べる中、坂道は嬉しそうな表情を浮かべていました。

1年時のインハイで活躍した、坂道、真波、そして御堂筋。

この3人が全員キャプテンになったからです。

弱虫ペダル【635話】感想

暴君降臨。しかし御堂筋の立候補は混乱を招くどころか、3年生の懸念を余所にウエルカムという意外な展開でした。

前キャプテンの水田に任命された船津や木利屋にとっては不満でしょうが、やはり御堂筋とはキャラとしての格が違い過ぎます。

半ば強引に決まった感のある京都伏見のお家騒動ですが、結果的に御堂筋という強力なカリスマの元に集った部員たち。

将軍の命令に忠実な軍隊というイメージさながらですが、総北やハコガク以上に強さだけを求める戦闘集団としての純度は高そうです。 

弱虫ペダル【636話】考察予想

今泉や鳴子のサポートを得ながら、みんなで強くあろうとする坂道の総北。個々で強くあるべきという真波の方針と、知恵袋的な高田城の存在のハコガク。

唯我独尊で指導や作戦など一人で背負う御堂筋が統率する京都伏見。

こうして見ると三者三様の考えが、それぞれチーム方針に反映されていくことでしょう。

さて、同じ西日本のライバル校ポジションなのか、いきなり登場した呉南の東村。

事前情報の収集にぬかりないと自信ありげですが、同じメガネの高田城と同様に早くも負け犬の予感。

新たな京都伏見の対戦相手は、この呉南のようです。 

まとめ

この記事では、弱虫ペダル【635話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「週刊少年チャンピオン」を1冊お得に読めちゃうのはこちら