週刊少年チャンピオン

弱虫ペダル【620話】最新話ネタバレ感想!高田城の加速の秘密

こんにちは。ひらりです。

2020年12月24日発売の週刊少年チャンピオンより、弱虫ペダル【620話】「狙われた獲物」を読みました。

619話では、鏑木と高田城の一騎打ちによる「つづらバトル三本勝負」。 一本目はスプリンター優位の条件の中、鏑木が勝利しました。

しかし高田城は余裕の表情です。 続く二本目は急に傾斜が厳しくなりますが、高田城の“スケートティングダンシング”は登りの方が早いと言うのです。

それでは、この記事では、弱虫ペダル【620話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「弱虫ペダル」のアニメや漫画を1冊無料で読む

弱虫ペダル【620話】最新話ネタバレあらすじ

2本目の傾斜は10°に上がりますが、総北はいつも峰ヶ山で練習しており負けるつもりはない鏑木。

しかし後方にはいつの間にか高田城が追いついていました。

慌てて加速する鏑木は高田城と距離を取りました。

高田城のスケートティングダンシングは、自転車そのものをスピードスケートのシューズのブレードに見立て、自転車を振り後輪のエッジを効かせて加速していました。

だから山の方が速いと、一瞬にして距離を詰める高田城。

首筋から流れる冷や汗を拭き取る鏑木は、資料の少ない定時と違い攻略法が明確だと高田城に指摘されて再度引き離します。

この嫌な感じはトンビに狙われたネズミだと思う鏑木は、静かに一定の距離を保っている高田城の様子が気になります。

まるで号砲を待つスピードスケートの選手のような高田城。

鏑木は今までのレース経験から何らかのきっかけで相手が付け込んでくることを熟知しており、リズムを変えないように淡々と進みます。

しかし、鏑木は2本目のつづら坂のコーナーが見えた時、反射的に顔を上げてしまったのです。

しまったと思う瞬間、鏑木を置き去りにする高田城。

コーナーの内側の草を刈る様子は、スケートのブレードのようです。

鏑木に3mの差をつけて、先に街灯のゴールしたのは高田城でした。

スプリンターに転向した方がいいと鏑木アドバイスする高田城でしたが、鏑木はハコガクに転校かと思い違いします。

呆れる高田城でしたが、3本目の勝負の前に鏑木にクイズを出します。

その問題は「使えば使う程、増えていくものは何だ?」という内容でした。 

弱虫ペダル【620話】感想

スピードスケートを取り入れた高田城の加速の秘密が明らかになりました。

確かに自転車をスケートのブレードに見立れば、荷重がかかるほどエッジを効かせるたびに大きな加速力が発生することになりますね。

しかし今回は高田城のプレッシャーの掛け方がハンパなく、何度も敢えて抜くこともなく執拗に後方に迫るなど何となく粘着質のように感じました。

2番勝負に勝利した高田城は、鏑木にスプリンターの残酷さを伝える完璧なシナリオのつもりでしたが、最後は鏑木の天然さが予想の斜め上を行きました。 

弱虫ペダル【621話】考察予想

ラストに高田城が出したクイズの答えは、“疲労”とか“疲れ”といった類でしょう。

このまま3本目も高田城が勝ちそうな様子から、勝負に終わった時点で敗北と同時にクイズの答えを鏑木が身をもって知るという流れになりそうです。

自信家の鏑木がこの3本勝負で負けた場合、そのショックは大きいことは想像できますが、それ以上に自分がスプリンターだと知った時に、どのような反応をするかが気になります。

恐らく合流するであろう坂道たちが、鏑木にどんな言葉をかけるのかにも注目しましょう。 

弱虫ペダル【621話】へ

まとめ

この記事では、弱虫ペダル【620話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「弱虫ペダル」のアニメや漫画を1冊無料で読む

完全無料でコミックスやアニメが見られるのはU-NEXT!

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額
U-NEXT

31日間無料
2,189円
600ポイント付与

月額料金 トライアル期間は無料、その後税込み2189円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

U-NEXT漫画ランキングこちら

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。

\登録は3分程でできます/

さらにさらに動画配信にとっても強いサービスなのでたくさんの見放題作品も豊富に揃っています。

U-NEXTの今話題のアニメこちら

見放題作品は210,000本!!新しい東京卍リベンジャーズや映画公開中のコナンも過去作を配信!見逃せないですね!

初回は31日無料とあれば、絶対損はないですよね

\登録は3分程でできます!いますぐチェック/

週刊少年マガジンやサンデー、チャンピオンヤングマガジンヤングジャンプなども初回のポイントで600円以内なので無料となります。