週刊ヤングジャンプ

ウマ娘シンデレラグレイ【29話】最新話ネタバレ感想|新章!白い稲妻編!タマモクロス

こんにちは。ひらりです。

2021年2月4日発売のヤングジャンプより、ウマ娘シンデレラグレイ【29話】『最強』を読みました。

28話では、ダービーへの出走が叶ったかに見えたオグリキャップ。しかし・・・それはシンボリルドルフの幻影でした。

日本ダービーを制したのは、サクラチヨノオー!!オグリキャップは諮問委員会を動かすも、出走権は得られなかったのです。

「ウマ娘シンデレラグレイ」を1冊無料で読む

ウマ娘シンデレラグレイ【29話】最新話ネタバレあらすじ

怪物の誕生!!

オグリキャップがGⅡのNRTを制したことで、新聞にはそう書かれています。

初のGⅡを走っても、7バ身差の圧勝劇!!

六平は、レディに怪物は失礼だと呟きました。

ダービーが終わってから2週間が経った今、六平の心配はオグリキャップのモチベーション・・・。

東海ダービーに日本ダービーと、立て続けに目標を奪われたのです。

何か、新しい目標を与えたい!!

六平はそう感じていました。

そこに戻ってきたのは、ベルノライト。

トレーニングを終えたオグリキャップをつれて、部屋に戻ってきます。

現れたオグリキャップは・・・蒸気を体から発し、鋭い目つき・・・。

それを見た六平は、彼女を怪物と呼びました。

デリカシーがないと、注意するオグリキャップ。

そんな3人は、阪神競バ場に来ています。

クラシックに出られないオグリキャップ。

これからは、古バと戦う必要がある・・・。

六平がそう話すと、自分は怪物だから大丈夫と話すオグリキャップ。

意外にも、怪物の名を気に入っていました。

そんなオグリキャップに、六平は宝塚記念を見せようとしています。

このレースに・・・最強が出る!!そう話す六平。

その頃、トレセン学園でレースを見守るのはオグリキャップの同級生たち。1番人気は、予想通りアキツテイオーです。

GⅠを3勝し、マイルの帝王と呼ばれるウマ娘。

ただ、六平が言う最強とは彼女ではありません。

レースがスタートすると、先頭に出たのはアキツテイオー!!

彼女は逃げを得意としていました。

天皇賞秋とマイルCでは、共に5バ身差の圧勝を決めているアキツテイオーの逃げ。

クラシック以上のレベルであることは間違いありません。

直線に先頭で入ると、アキツテイオーはさらに加速!!

ただ・・・それを一瞬で抜き去るウマ娘が現れました。

その姿は、まさに稲妻!!アキツテイオーの目には、白い稲妻が見えたのです!!

怒涛の7連勝で宝塚記念を制したのは、タマモクロス。

その姿を見て、オグリキャップは目を見開きました。

ウマ娘シンデレラグレイ【29話】感想

今回から始まった新章、白い稲妻編!!白い稲妻とは、もちろんタマモクロスのことです。

オグリキャップのライバルと言えば、このタマモクロス。

出走しているレース過程は史実と異なっていますが、この2人のライバル関係がここから描かれることになりそうです!!

可哀そうなのは、マイルの帝王と呼ばれるアキツテイオー。単なる咬ませ犬でしたね・・・。

六平はタマモクロスを見せ、オグリキャップの闘志に火をつけたかったのだと思います!

ウマ娘シンデレラグレイ【30話】考察予想

タマモクロスを見て、衝撃を受けるオグリキャップ。怪物と呼ばれる自分より。最強と呼ばれる彼女の方が強いと感じるかもしれません。

怪物vs最強。

その勝敗は、1レースでは終わりません。

次にオグリキャップが挑むのは、初のGⅠレースである天皇賞秋になると思います。そこには、タマモクロスが出走してきます。

中央に来てから6連勝のオグリキャップと、7連勝で天皇賞春と宝塚記念を制したタマモクロス。

この2人が、初めて激突します!!

ウマ娘シンデレラグレイ【30話】へ

まとめ

この記事では、ウマ娘シンデレラグレイ【29話】のネタバレと感想&次話考察予想についいてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

最新の「ヤングジャンプ」を無料で読む