週刊ヤングジャンプ

ウマ娘シンデレラグレイ【23話】最新話ネタバレ感想!並のウマ娘なら

こんにちは。ひらりです。2020年12月10日発売のヤングジャンプより、ウマ娘シンデレラグレイ【23話】『並のウマ娘なら』を読みました。

22話では、中央移籍後の2戦目、毎日杯に出走するオグリキャップ。スタート直後、デビューから無敗のヤエノムテキはオグリキャップの右前を陣取ります。

それは・・・2000mという距離を始めて走るオグリキャップに勝つための策でした。

それでは、この記事では、ウマ娘シンデレラグレイ【23話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ウマ娘シンデレラグレイ【23話】最新話ネタバレあらすじ

インコースを走り、スタミナを温存したいオグリキャップ。

しかし、ヤエノムテキはそれを許しません。

オグリキャップのインを走り、大外を回させようとしていました。

ヤエノムテキにいいようにやられ、他のウマ娘よりかなりそとを走らされるオグリキャップ。

第2コーナーを回り始める先頭集団。

以前、オグリキャップはヤエノムテキのマークを受け続けています。

真面目で愚直なヤエノムテキですが、以外にも作詞だということが分かりました。

そんなレースを眺めているのは、皇帝シンボリルドルフ。

オグリキャップにとって、かなり厳しい展開になったと思っています。

しかし・・・並のウマ娘であれば・・・。

そう付け加えるのでした。

一方、向こう正面に出たオグリキャップは意外と冷静。

インコースでスタミナを温存できないなら・・・。

そう考え、ペースを落とします。

オグリキャップの走りを見て、ニヤリと笑うのは六平。

彼女は、焦る必要など全くないのです。

なぜなら、勝負は第4コーナー!!

遂に、集団は第4コーナーを回りました。

残りが400mとなり、仕掛け時だと感じたヤエノムテキ。

大外から、一気に先頭に躍り出たのです。

ここで、ヤエノムテキは勝利を確信しました。

最も警戒していたオグリキャップを徹底的にマークし、理想の展開で進めたレース。

ヤエノムテキは、これでクラシックレースを勝つと自信をつけています。

ただ、次の瞬間・・・。

ヤエノムテキをさらに外からぶち抜いたオグリキャップ!!!

瞬く間に、ヤエノムテキはオグリキャップの背中を見つめていました。

直線で抜け出し、結局はオグリキャップの快勝。

そんなオグリキャップを押す記者は、ニヤリと笑って話します。

このままでは、ダービーは本命不在・・・。

そんなことを許していいのかと、上層部の判断を期待するのでした。

ウマ娘シンデレラグレイ【23話】感想

毎日杯は、予想通りオグリキャップの勝利。これは、まだ序章に過ぎません。

中央移籍後、オグリキャップの連勝は6まで伸びることとなります。

今回は距離という壁がオグリキャップの前に立ちふさがったかのように思われましたが・・・そんなことは、問題になりませんでしたね。

地方では1度しか走っていなかった芝を攻略し、中央の広いバ場を攻略。距離も攻略した今、彼女に勝てるウマ娘は走多くありません。

ここから、伝説が始まっていきます。

ウマ娘シンデレラグレイ【24話】考察予想

初めての2000m芝レースを快勝したオグリキャップ。次回は、クラシックレースへの出走を許可するかどうかの話題になると思います。

しかし、この出場は認められません。

認められれば、史実とは異なってしまいます。

ただ、この判断が新たな伝説を生むことになるでしょう!ルールはルールで、変えるべきではありません。

その代わり、オグリキャップは負け知らずの圧倒的な強さを見せていきます。

問題は・・・最高グレードのGⅠレース。天皇賞が課題です!!

まとめ

この記事では、ウマ娘シンデレラグレイ【23話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!