チェンソーマン

チェンソーマン【最終回97話】ネタバレ考察!デンジは1番のデビルハンター

こんにちは。ひらりです。2020年12月14日発売の週刊少年ジャンプより、チェンソーマン【最終回97話】ネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(最終回の確定記事はこちら

96話では、デンジは自分の心臓からポチタを引きむしり、マキマと戦わせていました。

代わりにマキマ隙を伺っていたデンジはマキマを斬り、そしてマキマを殺せるかもしれない方法としてマキマの体を食らいました。大好きなマキマの罪をデンジは共に背負います。

チェンソーマン【最終回97話】最新話ネタバレ「デンジは1番のデビルハンター」

これは岸辺からもらった言葉です。マキマを完全に殺すために食らうという方法を試しているデンジ。

しかし支配の悪魔という性質上、それが安全なことかどうかも分かりません。最悪の場合、デンジはマキマに殺されてしまうかもしれないのです。

岸辺はデンジには生きてまたデビルハンターとして人々を悪魔から救って欲しいと思っています。

今のデンジはお金もあると思いますし、底辺からは抜け出したのでいくらでも生きていく方法はあります。それでも、デンジは向いていると言われたこの仕事を続けていくでしょう。

チェンソーマン【最終回97話】最新話ネタバレ「コベニは・・・?」

新人として入ってきた時から泣き虫で弱気だったコベニは何だかんだ唯一生き残った仲間です。マキマを殺すと決める直前もデンジと共に匿って貰っていました。

あの時、もう家族のことも考えなくていいとなったコベニは心のそこから喜んでいました。元々デビルハンターの仕事も家族のせいで無理やりやらされていたものであるため、続ける必要はありません。

しかしコベニまたデビルハンターに向いていると思います。最終巻で、デンジとバディを組んでいるのではないでしょうか。

チェンソーマン【最終回97話】最新話ネタバレ「ハッピーエンドの作品ではない!?」

「俺たちの戦いはまだまだこれからだ!」という希望に満ち溢れた終わり方だけは絶対にしないと思われるこの作品。

そうなれば、デンジ視点で世界を見た時、世界はどのように見えるのかが語られて終わるような気がします。

チェンソーマンとしてモテるようになったことが心から嬉しいデンジですが、デンジの中に強烈に残るのはやはりマキマへの気持ちでしょう。

マキマを食べたことでこれまでとは違った気持ちを抱くようになったデンジは、マキマの求めた「平和」を自分も求めようとするのではないかと思います。

ダークヒーローが本当の悪に。これもまたマキマに支配されるということなのかもしれません。

まとめ

この記事では、チェンソーマン【最終回97話】ネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

  1. チェンソーマン 3/4にチェンソーマン【最終刊11刊】が発売されました。11巻を無料で読むにはU-NEXTがおすすめです。無料トライアル