つむじまがり×すぷりんぐ

つむじまがり×すぷりんぐ【26話】最新話ネタバレ感想|サトリは対立する

こんにちは。ひらりです。

2021年4月5日発売のモーニングより、つむじまがり×すぷりんぐ【26話】「サトリは対立する」を読みました。

25話では、凸丸たちが到着する前に式を終わらせた泉とサトリは、思い出の旅館にて幼き日を思い出していました。

サトリとして決められた結婚をするのが嫌なサトリは、遂に泉と行為へ・・・。

初めてで泉もド緊張の中、突如泉の後ろにサトリの父が現れました。

それでは、この記事では、つむじまがり×すぷりんぐ【26話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

つむじまがり×すぷりんぐ【26話】最新話ネタバレあらすじ

ドンッドンッと大きな足音を立てて迫って来る屈強な男はサトリの父親です。

驚く泉に「お義父さん」と呼ぶなと言うと、サトリことリンに人間との結婚は認めない、と泉の足を掴みました。

父親はリンに泉の本当の気持ちを聞かせるためにサトリンガルを泉の股間に貼りました。

しかし泉は言葉ではなくジェスチャーで質問に答えるため、サトリンガルは一切効果を示しませんでした。

サトリンガルを握りつぶした父親が今度に取り出したのはスーパーサトリンガル。

椅子型の嘘発見器です。

父親は泉に恋をしていると言い張るリンの方を椅子に座らせました。怒るリンに父親はサトリに恋愛は必要ない、とリンの恋を笑います。

その頃凸丸たちも何とか旅館に到着。この旅館に泉たちがいることを知らないため普通に宿泊しようとしています。

急であるため泊まれないと断られる凸丸たちでしたが、カッパ信仰の強いこの地の人々はカッパ姉ちゃんを見ると崇拝し、全員をカッパの間に泊まらせてくれました。

のんびりしていてはいけないと分かりつつももう夜であるため泉探しは中断し、カッパ姉ちゃんと弾木は温泉に入っていました。

一緒に連れてこられた凸丸は温泉には浸からず、旅行は楽しい(つまらない)誕生日最高(最低)と言っています。

泉の場面に戻ります。

父親に反抗し、自分は自由だと言うリンに父親は手を上げます。

しかしリンが叩かれる寸前、泉はリンと父親の手の間に割り込み代わりに張り手を食らいました。

泉は父親の腕を掴むと、自分には心が読めないがリンの気持ちは伝わっていると顔を近づけて言います。

その時、リンは床に落ちた泉の血を見て泣きながら泉とのウエディングイラストを手に取ります。

そして泉と父親の間に差し込みました。

裸のリンに父親が動揺しているうちに泉リンは逃げようとするも父親は追ってきます。

リンは父親が入ってこられない女風呂に泉を連れて駆け込みました。

逃げ切ったとどや顔を出した時、温泉にて凸丸たちと合流。世間は狭い!再び凸丸VSリンの争い勃発です。

つむじまがり×すぷりんぐ【26話】感想

お義父さんと呼ぶなという鉄板セリフが飛び出しました。嘘発見器の件と言い、サトリ父は意外と夢見ている感じのヨーカイなのでしょうか。

サトリ父のことはさておき、名前がリンであることが明らかになった今回。リンが本当に泉を好きであることが分かりました。

しきたりに従いたくない気持ちもあったかもしれません。更に泉の本心も見ることが出来ているはずです。

それでも諦められないリンの気持ちは恋と呼ばずになんと呼ぶのでしょう。

女の子たちの気持ちが交錯しまくる今回の話、凸丸の本心は聞けるのでしょうか。

つむじまがり×すぷりんぐ【27話】考察予想

次回女風呂にて戦争勃発!本心が全て読まれてしまい凸丸はとても恥ずかしい思いをすることになります。

それでも本心を聞いた時泉も思うところがあるはず。

凸丸の言葉を聞いて泉が思ったことを知ったリンは少しショックを受けつつももう少し粘ります。

どうしても泉を自分の物にしたいのだと泣くリンを諭すのは・・・。

恋とは何かを語りこの戦いに決着をつけさせるのはきっと弾木なのでしょう。

父親がどこで参戦してくるかと恋の行方に注目したいです。

つむじまがり×すぷりんぐ【27話】へ

まとめ

この記事では、つむじまがり×すぷりんぐ【26話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「ヤングマガジン」を1冊無料で読めちゃうのはこちら