つむじまがり×すぷりんぐ

つむじまがり×すぷりんぐ【14話】最新話ネタバレ感想!あまのじゃくは助けない

こんにちは。ひらりです。

2020年12月21日発売のヤングマガジンより、つむじまがり×すぷりんぐ【14話】「あまのじゃくは助けない」を読みました。

13話では、皆と仲良くしていろと言われた結果泉の学校についてきた凸丸は、弾木の制服を借りて学校内を散策しました。

自由気ままに過ごす凸丸でしたが、ここでパンツのゴムを切るヨーカイプッツンパンツの噂が流れていることが分かり、弾木のパンツのゴムが切れてしまいます。

それでは、この記事では、つむじまがり×すぷりんぐ【14話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「つむじまがりXすぷりんぐ」を1冊お得に読む

つむじまがり×すぷりんぐ【14話】最新話ネタバレあらすじ

泉は学校から帰ったところでカッパ姉ちゃんに銃を向けられました。温泉のお湯を入れた水鉄砲です。

温泉の匂いを嗅ぎ自分も温泉に入ろうとする泉は、学校でのことを凸丸に謝るも凸丸は帰ってきていませんでした。

泉が帰って来たことに気付いた座敷童が泉に抱き着きます。

座敷童は泉から知らない女の匂いがすると言ってほんの一瞬だけ闇堕ちの黒座敷に変わりますがすぐに元に戻ると、知らないヨーカイに匂いだと言いました。

その頃学校にいる凸丸は今日のトラブルの元凶に声をかけます。

凸丸を転ばすその相手は小さな小さな女の子、かまいたちです。

得意げに名を名乗るかまいたちですが、直後泣き出してしまいます。

本来は3人1組がかまいたちであるため、1人では自己紹介も決まらないのです。

かまいたち曰く、人間をすりむかせる兄と傷を治す弟はおかしくなり人間にとり憑いてしまったと言います。

いたずらの美学に生きるかまいたちにとって、いたずらで済まない事態になることは不本意なのです。

かまいたちはこのままでは凸丸の友達も危ないと言いました。友達はいない、特に弾木は違うと言う凸丸ですが、体は動いてしまいます。

その頃弾木は本当に危険な状況にいました。

進路相談で弾木を呼び出した先生は記念すべき100人目の生徒として弾木のパンツを狙っていたのです。

騒ぐ弾木に容赦なくハサミが向けられ、弾木が泉に助けを求めた時、教室に凸丸が突入。

弾木など大嫌いと言いながら弾木を助けてくれた凸丸の手を弾木は掴み逃げようとしますが、怒った先生はパンツを狙ってハサミを振り回します。

それぞれゴムが切れてスカート、ズボンがずり下がりますが2人ともノーパンであったため先生は荒れます。

もしもこんな姿を泉に見られたら最悪だと言う弾木に、凸丸は肝心な時に来ないのが泉だと答えます。

つむじまがり×すぷりんぐ【14話】感想

天邪鬼システムが発動したのか気になる場所として、「弾木なんて大嫌い」と「泉は肝心な時に来ない」の2つがあげられます。

もしも弾木を大好きと言ったのであればそれは感動的です。天邪鬼システムのことを知っている弾木は後々凸丸の発言を思い出して喜びそうです。

もう1つのセリフが天邪鬼システムであった場合、凸丸は泉を信じていることになります。

凸丸の不在に泉は気づいているため、きっと迎えに来てくれると信じています。

つむじまがり×すぷりんぐ【15話】考察予想

パンツがないのであれば弾木と凸丸の下の毛を切ってやると暴走を始めた先生。しかし凸丸はきっとつるつるです。

それは良しとして、普段なら怪我を直すかまいたち弟は今何をしているのでしょうか?

パンツを切られてもゴムを直しに来ていないため、学校にはいないのでしょうか。

今回はカッパ姉ちゃんが持っていた水鉄砲が鍵となって先生からかまいたちを出すでしょう。ヨーカイの仕業だとしても、犯人として先生は捕まってしまいそうです。

つむじまがり×すぷりんぐ【15話】へ

まとめ

この記事では、つむじまがり×すぷりんぐ【14話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「つむじまがりXすぷりんぐ」を1冊お得に読む