つむじまがり×すぷりんぐ

つむじまがり×すぷりんぐ【12話】最新話ネタバレ感想!座敷童は帰ってくる

こんにちは。ひらりです。2020年11月30日発売のヤングマガジンより、つむじまがり×すぷりんぐ【12話】「座敷童は帰ってくる」を読みました。

11話では、お湯を飲み元に戻った座敷童は、まだ自分が皆を不幸にしてしまうことを気にしていましたが泉は気にしていません。

皆が幸せになるためには座敷童が幸せになることが必要だと言われた座敷童は、優しい泉に兄の姿を重ねました。

それでは、この記事では、つむじまがり×すぷりんぐ【12話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

つむじまがり×すぷりんぐ【12話】最新話ネタバレあらすじ

今回座敷童を元に戻す手伝いをしてくれた弾木は、ヨーカイたちと一緒に温泉に入っていました。

座敷童をからかいながらしっかり温まった弾木は、先にお風呂から出て源と一緒に帰っていきました。

弾木が帰ると座敷童は、人間なのにヨーカイに驚かない弾木に対するモヤモヤした気持ちを爆発させました。

凸丸はもう慣れていますが、カッパ姉ちゃんは人間というよりかは弾木との因縁があります。

今日は圧倒されていたようで弾木がいる間のカッパ姉ちゃんは静かでした。

うるさいことに不機嫌な凸丸のことが気になる座敷童は、少しでも凸丸を幸せにしようと思いますが早速ハプニングが起きました。

座敷童の件を解決して温泉組合加入費がなくなったことに喜ぶ泉が皆に報告をしようと温泉の戸を開けると。

目の前には大惨事の凸丸の姿がありました。角が温泉の底に刺さり動けない凸丸を助けて少し落ち着くと、凸丸は座敷童といたら幸せ(不幸)、座敷童が好き(嫌い)だと言いました。

本心であるため天邪鬼システムになっていますが、そのことを理解していない座敷童はとても嬉しそうです。

座敷童も住むことになったため、泉の家にはそれぞれの部屋を作ることになります。家自体自分のものだと主張する凸丸を無視して空き部屋を選んでもらう泉。

角部屋を取ったカッパ姉ちゃんはさっそくネームプレートを作ります。

ここでカッパ姉ちゃんの名前がデイジー・カッパ・フィールドであることが判明し、泉は衝撃を受けました。

座敷童は仏間で眠る泉の部屋に近いカッパ姉ちゃんの隣の部屋になりました。

部屋に入った座敷童は、泉が寝ている部屋にこっそり行くと仏壇の前に座り糸電話を置きます。

泉の祖父が生きている時に返事が出来なかったこと、迷惑をかけたこと、名前を付けてもらったのに家出したことを謝る座敷童は、色々なことを思い出しながら帰って来たことを伝えました。

皆を幸せにする、と宣言する座敷童の名前はさちゑです。

つむじまがり×すぷりんぐ【12話】感想

座敷童編完結。最後のシーンを見ると、泉の祖父が生きている間に感謝を伝えられなかったことが本当に悔やまれましたが、それでも笑顔の祖父は天国から見守ってくれているでしょう。

幸せにするという期待を込めたさちゑという名前も、とてもいい名前だと思いました。それに比べてデイジー・カッパ・フィールド・・。凸丸・・。面白すぎます。

これから出てくるヨーカイたちにもかなり特殊な名前がついているのかと考えると楽しみになってきました。

つむじまがり×すぷりんぐ【13話】考察予想

次回から新シリーズ始動!凸丸は全部自分の部屋だと主張していますが無視するとまだ空き部屋があるため、新たな同居人が来る可能性が高いです。

今度はヨーカイではない可能性も十分にあります。泉が高校生なので年下が同居する可能性は低いですが、同年代もしくは少し年上が何らかの理由で居座りそう。

座敷童のように泉とは当時あまり関わってこなかったヨーカイが来る可能性もあるので、どんな人、ヨーカイが来るのかに期待が高まります。

温泉経営も現実的なものになっており、順調だからこそ怖い部分もあるでしょう。

つむじまがり×すぷりんぐ【13話】へ

まとめ

この記事では、つむじまがり×すぷりんぐ【12話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ヤングマガジン」を1冊無料で読む