トーキョーバベル

トーキョーバベル【25話】最終話ネタバレ感想|最後の秘密!バベルと共に

こんにちは。ひらりです。2020年11月4日発売の週刊少年マガジンより、トーキョーバベル【最終25話】「BABEL」を読みました。

24話では、バベルを作った神の正体は、病気に侵された男でした。寝たきりだった男は想像から実体化能力を得ていたのです。

そしてバベルを作った理由は・・・自分にもできない命を実体化できる人間の育成・・・。その過程で真白が死んでいたと知り、大牙は怒りを爆発させるのでした。

それでは、この記事では、トーキョーバベル【最終25話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「トーキョーバベル」を1冊無料で読む

トーキョーバベル【最終25話】ネタバレあらすじ

怒りによって、覚醒した大牙。

リュウを復活させた炎を、再び実体化します。

そんな大牙を見て、やっと自分の身体を治せる者が現れたと感じる神。

世界を堪能し、いずれは破壊するために人生を捧げると語りました。

早く自分を再生しろと話す神は、バベルの中の人々を人質に取っています。

自分が死ねば、バベルが消える・・・。

中に居る仲間たちを助けたければ、神を治療するしかない・・・。

そう迫られる大牙ですが、彼はリュウの言葉を思い出しています。

リュウから、正しいことをできる人だと言われていた大牙。

寝たきりになっている神の本体に近づき・・・口についている機械を外したのです。

これにより、生命の維持が難しくなった神。

突然、バベルが崩れ始めました。

神が作り出した分身も消えはじめ、焦って叫びます。

このままでは中に居る人が死んでしまう・・・。

それを分かっていながらも、大牙は神を治す気にはなれないのです。

大勢の人の命を弄んだ神。

いままで普通の生活を送れなかった神ですが、その代わりに大勢の人の普通を奪ってきました。

その報いを・・・受けるべき!!

大牙はそう考え、神を殺すことを選択したのです。

神を殺す代わりに、ここで自分も死のうと考える大牙。

神の周囲に花を実体化し・・・最後のはなむけとするのでした。

神が倒れた後、どんんどん消えて行くバベル。

次の行動に移る大牙は、人々のいないバベルをイメージします。

自由に人間の転送を行っていた神。

人々をバベルから転送することが、できると考えていました。

大牙の予想通り、次々と転送されていく人々・・・。

転送を終えた大牙は、最後に優愛を蘇らせます。

全てのイメージを終えると、疲労からか座り込む大牙。

大牙が座った瞬間・・・左肩から、身体が崩れてきました。

それは、人間を再生した代償・・・。

大牙はバベルと共に・・・消えて行くのです・・・。

そんなバベルを、地上から見上げるひばりたち。

皆は大牙を探し、倒れている優愛を発見します。

そこで、大牙が自分の命を犠牲にしたことを悟りました。

仲間たちは涙を流しますが、1人だけ信じているのはリュウ。大牙が戻ると約束したことを信じ、生きていると呟きます。

これが人が神に近づきすぎたため、崩れ去った塔の物語。

その塔の名は・・・TOKYO BABEL・・・。

トーキョーバベル【最終25話】感想

トーキョーバベルが完結しました。これは打ち切りなのでしょうか!?

面白い作品だと思っていたので、非常に残念です・・・。

毎回秘密が明らかになったり、新たな伏線の出現・・・面白い展開が繰り広げられていたと思います。

バベルという名前から、最後を想像した読者が多かったのかもしれませんね!

確かに、最後のオチは物足りなさがありましたが・・・もう少し続けば、もっと面白いラストになったと思います!!

先生の次回作に期待です!!

トーキョーバベル【完結】残念

25話続いてきた物語に、終止符が打たれました。ただ、この終わりには納得できませんね。

最初に読んだとき、この作品は実写化してもいいと思うワクワク感がありました。途中の展開も、面白かったと思います。

こういったファンタジー作品が多いため、読者の受けが安定しなかったのでしょうか!?

実体化能力にはもっと可能性があったと思いますが・・・ネタが切れてしまったのでしょうか!?完結を残念に思います。

まとめ

この記事では、トーキョーバベル【最終25話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「トーキョーバベル」を1冊無料で読む