週刊少年マガジン

トーキョーバベル【21話】最新話ネタバレ感想|外の世界に帰る!巨大天使との戦い

こんにちは。2020年10月7日発売の週刊少年マガジンより、トーキョーバベル【21話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

20話では、巨大天使から菜月を守るため、戦うことを決めた大牙たち。しかし・・・金井が邪魔に入り、水生が危機に陥ります。

そんな水生を助けるため、割って入ったのは海。海は掌を目の前の天使に向け・・・書いておいた光の文字を実体化するのでした!

それでは、この記事では、トーキョーバベル【21話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

トーキョーバベル【21話】最新話ネタバレあらすじ

幼い頃、海にとっての世界は、押し入れの中でした。

押し入れに閉じ込められ、外に出ると殴りかかってきたのは義父。

虐待を受けていた海は、押し入れの外にでることを許されなかったのです。

そんな海に話しかけるのは妹。

可愛がられている妹は扉を開け、遊ぼうと話しかけてきますが・・・。

海は外の眩しい世界に、出ることを恐れていました。

ある日、妹を連れて姿を消した両親。

それによって、海は押し入れの外に引きずり出されることになります。

当時、外に出ることに恐怖を感じていた海。

扉が開けられた時の目がつぶれる程の明るさを・・・今でも鮮明に覚えていました。

そんな経験から、掌に書いた光を実体化した海。

天使は目を潰され、叫びながら暴れています。

水生を天使から助け、足止めする海。

そんな海は、妹と水生の姿を重ねていました。

できることをやれと、海は水生に叫びます。

その言葉を受け、走り出した水生。

和の下に向かい、とがった破片を手渡します。

その破片を矢で飛ばし、天使の頭に当てて欲しい・・。

水生はそう頼みますが、自信がない和。

当たってくれと願いながら・・・天使に向かって矢を放ちました。

その矢は、天使の左目に命中!!

その様子を見ていた水生は、実家のことを思い出しています。

水生の実家は中華料理屋。

油でギトギト、ヌメヌメ、ツルツル・・・。

そんな実家のことを恥ずかしいと、水生は思っていたのです。

しかし、今はその家に帰りたい・・・。

仲間皆で、外の世界に帰る!!

そう願う水生は、破片に書いていた文字を実体化します。

天使の左目からは、大量の油が溢れ出てきました。

それと同時に、大牙に声をかける水生。

水生の意図を理解した大牙は・・・炎を実体化し、油に引火させます。

油に引火した炎は、一気に天使を包んで燃やすのでした。

「トーキョーバベル」の漫画を1冊無料で読む

トーキョーバベル【21話】感想

巨大天使との戦いも、決着が着きそうです。今回活躍を見せたのは、海と水生。

これまで影の薄かった2人が、自分の武器を披露してくれました。

まず、海が実体化したのは光。これは、幼い頃の過酷な経験があってのものです。

根暗で、ひねくれた性格の海は、過去に虐待を受けていたようですね。ただ、水生に妹を重ね、大切に思っているようです。

一方、実家が中華料理屋の水生は油を実体化。大牙の武器である炎をサポートし、天使に致命傷を与えました!

トーキョーバベル【22話】考察予想

次回、流石の巨大天使も、これで倒れると思います。

気になるのが、菜月の前に現れた謎の少年。天使を操り、バベルを自分の塔だと言っていました。

このことから、神である可能性があります。バベルの真実を知るには、あの少年に会うしかありません。

彼は菜月を嫌っていたので、再び現れる可能性もありますが・・・。今回は、もう出てこないと予想します。

次にヒントとなるのは、菜月が隠し持っていたメモ。このメモには、真白が残した重要な情報が隠されているのではないでしょうか!?

トーキョーバベル【22話】へ

まとめ

この記事では、トーキョーバベル【21話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「トーキョーバベル」の漫画を1冊無料で読む