東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【193話】最新話ネタバレ感想|12年後!マイキーがいない!?

こんにちは。ひらりです。

2021年2月10日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【193話】を読みました。

192話では、未来に戻ってきた武道がいたのは、何故か結婚式場・・・!?その日は、パーちんの結婚式だったのです。

披露宴の会場には、幸せそうなヒナや仲間たちの姿が・・・。ただ、武道は重要なことに気がついていませんでした。

それでは、この記事では、東京卍リベンジャーズ【193話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

東京卍リベンジャーズ【193話】最新話ネタバレあらすじ

目の前でヒナが死んだ日、武道は彼女を助けると心に誓います。

何度でも諦めずに挑戦すると・・・。

その日の近い通り、ヒナが生きている未来に帰ってきた武道。

目には涙が溜まっていました。

ヒナを見つめている間に、パーちんはケーキ入刀の準備へ・・・。

そんな中、ヒナは12年前の今日のことを語ります。

彼女は、武道が今日帰ってきたことに気付いていました。

そして、おかえりと声をかけてくれたのです。

ヒナの言葉に、涙を流す武道。

タイムリープの事を知っている千冬も話しに加わり、不思議だと口にします。

自分たちは、12年ぶりの再会。

一方の武道は、ついさっき別れを告げたばかりでした。

武道がいなければ自分たちは死んでいたと、話しに加わるドラケン。

千冬と声を合わせ、ドラケンは礼を口にします。

2人の言葉に、武道は多くの人を救ってきたと話すヒナ。

そんな言葉を受けた武道は、仲間たちがいたからだと返しました。

自分たちの世界に入る4人。

その様子を見たパーちんは、主役を置いて盛り上がるなと叫びます。

周囲からは、主役は新婦だというツッコミが・・・!!

仲間たちが幸せに笑う様子を見て、武道は満足げな表情を浮かべました。

12年後の仲間たちは、それぞれの道を歩んでいます。

パーちんは親の後を継ぎ、大金持ち。

幼馴染みと結婚式を挙げています。

ぺーやんは相変わらず、パーちんの側近。

三ツ谷は駆け出しのファッションデザイナーで、八戒は海外でモデル活動をしていました。

弟のマネージャーを務めるのが柚葉で、河田兄弟は2人でラーメン屋を経営。

経営者になっている仲間は多く、千冬もその1人です。

ペットショップを開いた千冬は、一虎を社員として雇用。

ドラケンは乾と共に、バイク屋を経営していました。

仲間たちの現状を知った武道は、会場の外へ・・・。

新郎新婦の花道を作るため、全員が外へ向かっているのです。

武道が歩いていると・・・そこに現れたのは直人!!

生きている直人を見て、武道は名気ながら抱きつきました。

ヒナが生きている未来を作る・・・。

そのミッションを達成した武道に、直人は感謝しているようです。

ブーケトスが始まり、ブーケを手にしたのはヒナ。

ただ、武道はあることに気がつき、仲間に尋ねます。

マイキーは・・・どこ!!?

東京卍リベンジャーズ【193話】感想

やっと異変を感じた武道。マイキーが登場していないことは、ずっと不自然でした。

未来から帰ってきて頭の整理がつかない武道は、ヒナが生きていることで頭が一杯だったのかもしれません。

マイキー不在が、大きな問題・・・。ドラケンや千冬、武道たちと同じ席にいて当然の人物です。

マイキーは今、何をしているのか・・・!?それが明らかになれば、今後の展開も見えてくるはずです。

できればどこかで生きていてほしいですが・・・嫌な予感もします。

東京卍リベンジャーズ【194話】考察予想

次回、現在のマイキーの状態が明らかとなります。兄と妹を亡くし、幼馴染みも・・・。マイキーは大切なモノを失い続けました。

そんな精神的負担が、12年間の間に爆発したのかもしれません。

せめて生きていてほしいですね。

死んでしまっていたら、タイムリープすることは間違いないからです。

今後の展開を大きく左右する真実・・・。マイキーが健在であれば、この漫画の終わりも近いと思います。

ヒナが原因で、最悪の未来を描いた稀咲。ただ、マイキーにも原因があったのかもしれません。

東京卍リベンジャーズ【194話】へ

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ【193話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。