東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【187話】最新話ネタバレ考察!マイキーの覚悟

こんにちは。ひらりです。

2020年12月23日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【187話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

186話では、稀咲の死によって終結した、天竺と東卍の抗争。東卍の仲間たちはエマの葬儀に参列します。

その後、別々の道を進むのは乾と九井。鶴蝶はイザナに別れを告げ、容疑者となった半間は逃亡生活を送っていました。

描かれるのは、それぞれのその後・・・。そんな中、マイキーは何かを決意します。

『東京卍リベンジャーズ』の漫画を1冊無料で読む

東京卍リベンジャーズ【187話】最新話ネタバレ『マイキーの覚悟』

前回は、マイキーが何かを決意したシーンで終わりました。その決意の内容が、次回は明らかになると思います。

マイキーが何を決意したのか・・・。

それは、東京卍會の総長に関してだと予想します。今回の天竺の抗争で、自分が東卍のトップでいいのかと悩んだマイキー。

稀咲は、マイキーに執着していました。武道は稀咲の本当を狙いを知っていますが、マイキーはそれを知りません。

自分のせいで、仲間や家族を巻き込んだ・・・。そんな思いがあるのかもしれませんね。

東京卍リベンジャーズ【187話】最新話ネタバレ『稀咲の秘密』

マイキーの話しにならない場合は、次への展開となると思います。稀咲は死の間際、何かを打ち明けようとしていました。

それは、自分がタイムリーパーではないということ・・・?

あの雰囲気は、武道の考えを否定しようとしていた気がします。

ずっと稀咲がタイムリーパーであると考えていた武道。違うとしても、何かの秘密があったはずです。

タイムリープとは別に、稀咲は何かの能力を持っていた!?

真実を知るとすれば、半間しかいませんね。逃亡している半間は武道の前に現れ、新たな情報をもたらすかもしれません。

東京卍リベンジャーズ【187話】最新話ネタバレ『現代へ・・・』

武道にとっての現代を狂わせていたのは稀咲。前回の現代では、稀咲とイザナが東京卍會を支配していました。

そんな2人に殺された武道と直人。直人が死んだことで、武道は現代に戻れなくなります。

しかし、稀咲が死んだ今・・・。その状況は、変わっている可能性が高いです!!

現代が変わっているか、確かめたくなる武道。

直人と手を繋ぎ、再び現代に戻るのではないでしょうか!?現代に帰ると、武道を取り巻く環境は予想外のものに・・・。

そこで、新たな戦いが始まると予想します。

まとめ

この記事では、東京卍リベンジャーズ【187話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます!