東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【143話】最新話ネタバレあらすじ感想!乾と真一郎

こんにちは。2020年1月29日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【143話】を読みましたのでご紹介します。

142話では、ムーチョに立ち向かったタケミチ。乾の加勢もあったものの敗北してしまいます。その時、ボコボコにされる2人を守るためにムーチョについていくことを九井は決断。

そして、傷の手当てで向かった乾と九井のアジトでタケミチに11代目黒龍になってほしいと頼むのでした。

➡「東京卍リベンジャーズ」の最新刊を無料で読む

東京卍リベンジャーズ【143話】最新話ネタバレあらすじ

シャッターの前に座り話す乾とタケミチ。

そして、ここは真一郎のバイク屋だったという事が発覚。

当時、乾や他の不良にとって、今いる場所は集いの場であったそうです。

その面影を感じることができないタケミチに乾は話を続けます。

昔は真一郎が店の奥でバイクをいじっていたそうで、やって来る先輩たちは真一郎の前では礼儀正しくしていたとそうです。

乾の話でタケミチは黒龍に乾が黒龍なぜこだわるのかを察しました。

乾が目指す黒龍の姿というのは初代の黒龍でした。

なぜなら、初代の先輩の昔話を聞いて仲間を大事にしたいと思っていたからでした。

しかし、乾が黒龍に入ったのは8代目のイザナの時代。

この時代と次の9代目は極悪非道の限りを尽くしていた時代でその雰囲気に乾も染まってしまい少年院に入ってしまいました。

少年院を出たころには黒龍がつぶれていて、大寿を頼ったのでした。

今までのことを後悔した乾に対し、続いてタケミチが話始めます。

守りたいものがあるけどうまくいかないことを話した後、突然立ち上がるタケミチ。

そして、黒龍を継ぐことを決断しました。

彼の決断を聞いて、頼んだ乾が驚きます。

そして、タケミチは乾に手を差し伸べます。

さらに、九井を救う事や天竺を潰すという想いを乾に伝えます。

乾の覚悟を聞こうと声をかけたタケミチですが乾は差し伸べていたタケミチの手を握り、自分の覚悟をタケミチに伝えます。

いい結果を聞くことができたからなのかタケミチは安心したような表情をしていました。

東京卍リベンジャーズ【143話】感想

乾が真一郎とつながりがあったという事は予想外でした。イザナの時代のような黒龍を目指していたものの、タケミチの想いを聞いて考えが変わるという展開を思っていたというのが理由です。

しかし、前回の最後に泣きながら頼み込んでいた表情を見ると、今回彼が話した再興するイメージ像においてタケミチが総長にふさわしいと判断したからこその表情なのかもしれないと思うと納得がいきました。

あと、真一郎の店の描写にドラケンらしき入れ墨の人がいたので、実は乾とドラケンにも何か繋がりがあるのではと思い今後どうなるのか期待してしまいました。

東京卍リベンジャーズ【144話】考察予想

九井を助けることが未来をよくするためには必須のミッションという事がわかり、本編は今回で一区切りがついたと思います。

そのため、次回は新しい展開に向かうと思うのですが、まず次回では東京卍會のメンバーにムーチョが裏切ったことや自分が黒龍の総長になったという事を説明するのだと思います。

果たしてそのことを他の隊長たちはどう思うのか、また、それを踏まえてこの先どう動くのかなどを決める回にとなりいよいよ関東事変が本格的に動き出すのと予想しています。

➡東京卍リベンジャーズ【144話】へ

まとめ

2020年1月29日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【143話】のネタバレ&144話の考察予想についてまとめました。

➡「東京卍リベンジャーズ」の最新刊を無料で読む