週刊少年マガジン

シャングリラ・フロンティア【28話】最新話ネタバレ感想|未知なる武に挑む

こんにちは。ひらりです。

2021年2月10日発売の週刊少年マガジンより、シャングリラ・フロンティア【28話】「未知なる武に挑む」を読みました。

27話では、ウェザエモンとの戦いで最も重要なのは、純粋なプレーヤースキル。そこで、サンラクはベルセルクオンラインというクソゲーでスキルを磨きます。

ログインすると、勝負を挑んできたのは新人ユーザー。バグ技を使うサンラクの、神髄が見られるのか・・・!?

それでは、この記事では、シャングリラ・フロンティア【28話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

シャングリラ・フロンティア【28話】最新話ネタバレあらすじ

居合フィストという技を放ち、新人ユーザーのドラゴンフライをKOするサンラク。

ベテランのサンラクを前に、ドラゴンフライは1ラウンドも取ることができません。

再び勝負を挑み、攻撃をバグ技で躱すドラゴンフライ。

躱した反動で、サンラクの懐に入りました。

そして、飛拳衝を放ったのです!

予想外の動きを見せるも、サンラクは余裕で対応。

バグ技の回避からであれば、パイルバンカーというバグ技を使った方が良いとアドバイスを送りました。

見本を見せるように、ヨーヨーで回避からパイルバンカーを放つサンラク。

バグ技の連携に、ドゴンフライは為す術なし・・・。

そこで、無謀にも突進攻撃を放つことにしたのです。

単純な攻撃を見て、居合フィストで止めを刺そうとするサンラク。ただ、その瞬間に初めての体験が・・・!?

ドラゴンフライの体が、二重になったのです!

その状態で、飛拳衝が発動!!

ダブルで向かって来る拳に、サンラクは驚いていました。

居合フィストを発動すれば、躱すことができる・・・。

しかし、サンラクはこの技を喰らおうと感じます。

ダブルの飛拳衝を喰らい、KO判定を受ける安楽。

大喜びするドラゴンフライを他所に、バグ技の検証を始めました。

いつの間にか集まってきた〝便秘〟ユーザーたちと、話しを始めるサンラク。

その結果、ドラゴンフライが新バグを発見したことがはぼ確定したのです!

おめでとうと声をかけ、技の命名権が与えられると話すサンラク。

ドラゴンフライは突然の事に、困ってしまいました。

ゆっくり考えればいいと話すサンラクは、お礼に新たなバグ技を披露することに・・・。

ラウンド開始時に分身隊を作れる、ドッペルゲンガーを披露します。

新規ユーザーをベテランユーザーも過疎化しているベルセルクオンライン。

通称〝便秘〟!

これだからクソゲーはやめれれないと、サンラクは思うのでした。

やはり本気を出したサンラクには、全く叶わないドラゴンフライ。

サンラクは新たな仲間が見つかったと感じ、多くのバグ技を見せようとします。

その頃、レベルリンクを継続しているカッツォ。

ペンシルゴンに発破をかけられながら、サンラクに戻ってこいと叫ぶのでした。

シャングリラ・フロンティア【28話】感想

ベルセルクオンラインを、久々にプレーするサンラク。そこでは、サンラクの真骨頂が発揮されましたね!

クソゲーマニアのサンラクが圧倒的スキルを見せるのは、やりこんだクソゲーのようです。

今回は、クロゲーの魅力が語られる1話。

ただ、ウェザエモン討伐に向けたスキルを身につけてはいません。そのスキルは、ドラゴンフライとの戦いの中でヒントがあった可能性も・・・!?

次回からは再びシャンフロに戻り。取り頭が見られるかもしれませんね。

シャングリラ・フロンティア【29話】考察予想

ベルセルクオンラインをプレーするサンラク。シャンフロから離れたことで、何かのヒントを見つけられたのか・・・!?

それは、ウェザエモンとの戦いの中で生きてくるのかもしれません。

サンラクはウェザエモンと戦った経験がないため、本当の対策はできません。

ぶっつけ本番のため、準備は多めにやるにこしたことはありませんね!

次回からは、遂にウェザエモンとの戦いに向けて動き出すと思います。いよいよ、戦いが始まるのか・・・!?

まとめ

この記事では、シャングリラ・フロンティア【28話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。