週刊少年マガジン

シャングリラ・フロンティア【16話】最新話ネタバレ感想!樹魔との激闘

こんにちは。ひらりです。2020年11月4日発売の週刊少年マガジンより、シャングリラ・フロンティア【16話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

15話では、兎の国の試練で、10体目のモンスターと戦うサンラク。圧倒的なレベル差がある妄執の樹魔と戦うため、5分間逃げ切れば勝利となります。

しかし・・・妄執の樹魔の攻撃を、避けることで精一杯のサンラク。勝機を見出すため、妄執の樹魔の杖を奪うのでした。

それでは、この記事では、シャングリラ・フロンティア【16話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

シャングリラ・フロンティア【16話】最新話ネタバレあらすじ

杖を奪い、妄執の樹魔の魔法攻撃を封じたサンラク。

しかし、物理攻撃の手数が一気に増えます!!

暴走モードに入った妄執の樹魔を見て、サンラクは必死に逃げました。

残り時間はたったの10秒。

ここまで来て、負けるわけにはいかないのです。

回避能力を高めたサンラクには、逃げ切る自信がある・・・。

ただ、その様子は外れることとなりました。

妄執の樹魔は樹木での攻撃を集約し、サンラクの回避を妨げたのです!!

これによって、回避に失敗したサンラク。

足には、妄執の樹魔の鎖が・・・!!

鎖に捕らわれた瞬間、下がっていくのはサンラクの能力値。

この鎖には予想通り、デバフの効果が付与されているのでした。

拘束&デバフの最強コンボ!!

サンラクに、攻撃を躱す術はありません。

しかし、諦めていないサンラク。

奪った杖を・・・上に放り投げたのです!!

杖に視線を移した妄執の樹魔は・・・攻撃を止め、杖の法に向かって行きました。

その瞬間、勝利を確信するサンラク。ここで5分間が経過し、サンラクは勝利条件を達成します。

尚も暴れる妄執の樹魔を、兎の国の長であるヴァッシュが鎮圧。

見事、試練をクリアーしました。

ただ、報酬は称号のみ・・・。この試練は、実物のアイテム報酬がなかったのです・・。

激闘を終えた成果がなく、落ち込むサンラク。

その頃、阿修羅会のアジトでは動きがあります。

集まっているメンバーは・・・リーダーのオルスロットの怒りを受けていました。サンラクを逃がした件を、問い詰めるオルスロット。

唯一反論するのは、ペンシルゴンです。

そんなペンシルゴンは、あるモンスターを倒すのが先だと話しました。

しかし、そのモンスターには勝てないと諦めている阿修羅会。

呆れたペンシルゴンは、アジトを出て行ってしまいます。

ペンシルゴンが立ち去った後、オルスロットはクソ姉貴と呟くのでした。

アジトを出たペンシルゴン。

歩きながら、狙っているモンスターのことを考えます。

ペンシルゴンが倒そうとしているのは・・・ユニークモンスター〝墓守のウェザエモン〟!!!?

シャングリラ・フロンティア【16話】感想

妄執の樹魔との激闘を続けるサンラク。この試練で何度も負けているうちに、やり直す癖がついていたことに気が付きます。

火のついたサンラクは、最終試練を見事に一発でクリア!!

ただ、圧倒的なレベル差の前にはかなりの壁があるようですね。逃げ切るだけというミッションでなければ、クリアーできなかったでしょう。

ただ、杖を奪えば物理攻撃ができるという情報があれば違ったかもしれません!!

気になるのは、新章の開始。次回からが楽しみです!!

シャングリラ・フロンティア【17話】考察予想

次回からは新章に突入!!ユニークモンスターである、墓守のウェザエモンとの戦いが始まるようです。

ペンシルゴンはセっちゃんというNPCのためにウェザエモンを倒したいと考えており、サンラクたちを引き込むつもりのようですね!!

阿修羅会のメンバーでは、ウェザエモンを倒せないと確信しているペンシルゴン。

別のクソゲーであやりあい、実力を認めたサンラクと接触したのはこのためでした。

試練を終え、ペンシルゴンと別のゲームで出会うサンラク。そこから、新たな物語が始まりそうです!!

シャングリラ・フロンティア【17話】へ

まとめ

この記事では、シャングリラ・フロンティア【16話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!