灼熱のニライカナイ

灼熱のニライカナイ【23話】最新話ネタバレ感想!海洋機動捜査隊

こんにちは。ひらりです。

2020年12月14日発売の週刊少年ジャンプより、灼熱のニライカナイ【23話】「海洋機動捜査隊」を読みました。

22話では、海洋機動特別捜査班の所有する物件にリゾートホテル。 その管理をする中島は不正経理をしていました。

発見された裏帳簿の中身は数々の水増し請求に金塊の購入と立派な横領。 中島親子を追い出したオルフェウスは神宮寺に報告。

その海洋機動捜査隊は一路姉ヶ島に向かいます。

それでは、この記事では、灼熱のニライカナイ【23話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「灼熱のニライカナイ」の漫画を1冊無料で読む

灼熱のニライカナイ【23話】最新話ネタバレあらすじ

教団の捜査に本腰を入れるため、七課が来ると知りざわつく姉ヶ島署。

刑事課からは鮫島とオルフェウスが捜査協力に当たります。

鮫島は教団事件について葉村と一緒に独自に捜査をしていました。

朝のジョギングを一緒に走る2人。

奥菜の失踪から一週間が経過して、姉ヶ島マリンセンターはしばらく休館となりました。

教官の和田崎は逮捕され、イルカはほとんどいなくなり、生徒たちも本土に帰ったそうです。

葉山に帰らないのかと質問する鮫島。

しかし、葉山は奥菜と連れ戻すまでは帰るつもりはないようです。

葉山は鮫島に一つお願いがあるようでした。

捜査隊の出迎えのため港で待つ鮫島たち。

一緒に付いてきた深作たちは幻の七課、海機捜に興味津々です。

すると緊急無線がパトカーに入りました。

現在姉ヶ島港沖を航行中の旅客船“あねしま丸”が、刃物を持った複数の男に占拠されたというのです。

航路を引き返す“あねしま丸”

シージャックです。

波止場で騒ぎが大きくなる中、一人冷静なオルフェウス。

あいつらが船に乗っているから何の問題もないというのです。

“あねしま丸”のブリッジは既に事件は解決の様相です。

ジャックした犯人たちを制圧する海機隊の面々。

どうやら犯人は海人(マーマン)のようです。

最後の一人にトドメをさす神宮寺は、狙われたのは我々だろうと推察します。

しょぼい歓迎会だと言いながら、大漁旗を掲げながらついに上陸。

神宮寺を含む海洋機動捜査隊6人の登場です。

この様子を監視していた沖浦は神宝に事態を報告します。外出した沖浦を偶然発見したのは葉山でした。 

灼熱のニライカナイ【23話】感想

鮫島とオルフェウスたちの新居探しも無事に一段落しました。今回から教団事件の本格捜査編が始まります。

姉ヶ島署の職員たちにも、幻の七課こと海機捜の存在はどうやら特別な存在のようで、深作たちは会うのを楽しみにしているようです。

その海機捜はまずは顔見世という感じで、シージャックという大事件にもかかわらずチンピラ程度のマーマンを瞬殺するなど、その実力を垣間見せてくれました。

隊長の神宮寺は予想よりも小柄でしたが、自分より大きな部下たちを引き連れて貫禄の登場です。 

灼熱のニライカナイ【24話】考察予想

姉ヶ島に上陸した海洋機動捜査隊。隊長の神宮寺は口数が少ないもののプロフェッショナルの雰囲気。

副隊長的な櫂。空気を読まない発言をしそうなマルユッカ。

ナンパ師の感じがする松濠にお目付け役の相来。腕の傷が気になるシー・チェン。

いずれもクセのありそうなキャラたちです。

一方、奥菜の奪還に執念を燃やす葉山は、最後のシーンで神宝と一緒にいた沖浦を見つけました。

携帯の「色魔」という表示は女好きの神宝にピッタリです。

狭い島内で沖浦を偶然見つけたのも少々不自然な気がしますが、ともかく事件が動き出しそうです。 

灼熱のニライカナイ【24話】へ

まとめ

この記事では、灼熱のニライカナイ【23話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「灼熱のニライカナイ」の漫画を1冊無料で読む