進撃の巨人

進撃の巨人【133話】最新話ネタバレ確定&感想|エレンがアルミンたちの記憶を操作した理由!

こんにちは。2020年10月9日発売の別冊少年マガジンより、進撃の巨人【133話】「罪人達」を読みました。

132話では、整備された飛行艇はフロックの銃撃で穴が空き、そこに地鳴らしが訪れます。自分が止めると言うライナーを止めたハンジが1人で超大型巨人に挑み時間を稼ぎました。

そのおかげで無事飛行艇は飛び立つことができましたがハンジは亡くなります。

ハンジが目覚めるとそこには亡くなった調査兵団のみんながおり、ハンジは彼らに今まで大変だったことを愚痴るのでした。

それでは、この記事では、進撃の巨人【133話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

進撃の巨人

進撃の巨人

「進撃の巨人」を無料で読むならU−NEXTがおすすめです。

初回31日間無料で利用でき、最初にもらえる600ポイントを使えば、「進撃の巨人」462円を1冊実質無料で読むことができるんです。いますぐチェックしてみてくださいね。

進撃の巨人【133話】最新話ネタバレあらすじ

飛行艇はエレンが狙うであろうスラトア要塞に向けてオニャンコポンが操縦します。

アルミンはリヴァイとピークから聞き取ったエレンの姿をスケッチしますが、

戦鎚の巨人のようにエレンが自分の体を他の場所に置いている可能性からエレンの居場所が分からないことを話し合います。

アルミンの超大型巨人ならまとめて吹っ飛ばせるが、それはエレンとの対話の後にすることにし、代わりにジークを狙うことにしました。

リヴァイはジークは自分が仕留めるから力を貸してくれとみんなに言います。

ジャン、コニー、ライナーたちは自分たちが誰かを助けるために誰かを殺して来たことを話し合い、エレンを止めて残りの人類を救うことにしました。

そしてライナーはエレンは自分たちに止めて欲しいのではないか、アルミンはエレンは始祖の巨人の力でみんなを操れるのにそうしないのは自分たちを試しているのではと言います。

ライナーはエレンも辛いはず、始祖の力を誰かに任せたい、でなければ終わりにして欲しいのでは、と語った瞬間、ユミルの民のメンバーは座に連れていかされました。

みな口々にエレンに呼びかけ、地鳴らしを止めるよう言うと、エレンは地鳴らしを止めないと言い、子供の姿で現れます。

エレンは自由を得るため世界から自由を奪う、アルミンたちからは奪わず自由にする、そして自分たちが衝突するのなら戦えと言いました。

エレンの傍らにはユミルがおり、アルミンがなぜ自分たちを呼んだのかと問うと話し合いが必要ないと話すためだと答えます。

アルミンたちは飛行艇に戻され、エレンの意志に絶望しぐったりしました。

船上でキヨミはアニにエルディア人の生きる道をもっと模索しなかったのかと後悔を語り涙します。

アニはかつての仲間たちとアルミンを思い出しますがもう遅いと哀しみました。

そこにガビとファルコが現れ、ファルコがジークの記憶を夢見たことを語ります。

ファルコはジークの脊髄液から巨人になったため、獣の巨人の特徴が現れ、そして雲の上を飛んでいた記憶をよく見て、それが自分にもできると感じました。

そして2人は行くと言い出し、怒るアニにキヨミは後悔しないためなら自分たちが危険になっても良いと語ります。

列車の中でアニの父は操縦士に銃をつきつけ、生き残りたちとともにスラトア要塞の飛行船を目指していました。

飛行船は飛び立つも巨人の群れに向かい、空からの爆撃にみな希望を抱きます。

進撃の巨人【133話】感想

なぜエレンはアルミンたちの記憶を操作しないのか謎だったのですが、それが今回明かされました。

やはりエレンは自分の行いが正しいことだと確信しておらず、そのためライナーの言う通りアルミンたちに自分を止めるチャンスをあげたのでしょう。

これからどうなるのかますます楽しみになりました。

そしてアルミンの超大型巨人ならエレンの巨人をまとめて吹っ飛ばせると言われていましたが、そこまでの威力があるのでしょうか。

それができるなら超大型巨人最強だなと思い、アルミンがその力をどう使うのか楽しみになりました。

進撃の巨人【134話】考察予想

巨人の群れに飛行船で爆撃が行われようとしていますが、当然それで地鳴らしは止められないでしょう。

エレンはジークの獣の巨人に石を投げさせて飛行船を撃墜するのではないでしょうか。

それに加えて超大型巨人たちにも投石させたら面白いと思います。

アニの父親が生きていましたが、アニはファルコに乗ってスラトア要塞に訪れ無事感動の再会をすることができることでしょう。

でも再会した瞬間にどちらか亡くなるという展開が来そうでそれが少し怖く感じます。

進撃の巨人【134話】へ

まとめ

この記事では、進撃の巨人【133話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

進撃の巨人

進撃の巨人

「進撃の巨人」を無料で読むならU−NEXTがおすすめです。

初回31日間無料で利用でき、最初にもらえる600ポイントを使えば、「進撃の巨人」462円を1冊実質無料で読むことができるんです。いますぐチェックしてみてくださいね。