親愛なる僕へ殺意を込めて

親愛なる僕へ殺意をこめて【95話】最新話ネタバレ感想|泣き崩れる京花!

漫画 ネタバレ 考察 感想

こんにちは。2020年8月31日配信のコミックデイズより、親愛なる僕へ殺意をこめて【95話】を読みました。

94話では、京花の本当の目的は愛されたいことだと判断したエイジは、自分も同じだったからと言いました。

例え全てが偽りだとしても、京花に救われたと話すエイジは、自分も京花を救うために出きることがしたいと言うと、京花の願いを叶えるため自ら消えていくのでした。

それでは、この記事では、親愛なる僕へ殺意をこめて【95話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

☆0円で漫画を読む方法☆

初回31日間無料でもらえる600ポイントで1冊実質無料で安全に読むことができる!0円で読むならU-NEXT!利用者数業界№1!詳しくは記事の最後で!

親愛なる僕へ殺意をこめて【95話】最新話ネタバレあらすじ

場面は法廷に戻ります。

証言台に座るエイジことB一は、ずっと抱いていた疑問についての話を始めます。

浦島エイジの死後、京花は何度もB一に殺人鬼LLの正体を教えようとしてきました。

どうして崇拝するLLを自ら追い詰めるのか。人間が死を前に嘘をつくなどありえないため、京花の矛盾の先には必ず真実があるのだとB一は判断しました。

そしてその疑問はB一の中に浦島エイジの記憶が戻り始めてるようやく解決します。

B一は笑顔の京花を見ながら、全ては浦島エイジのためだったのだと言いました。京花の顔から笑みが消えます。

法廷がざわつき始めるも、B一は証言を続けます。

主治医から人格を消すためにはトラウマを克服しなければならないと教えられた京花は、勝手な解釈で「復讐」のために生まれたB一が復讐を果たすことが出来れば、B一が消滅し浦島エイジが戻ってくると考えたのだ、とB一は言います。

浦島エイジを戻らせる目的は11月18日、京花が浦島エイジに救われたから。京花は浦島エイジが消えた瞬間から、もう一度浦島エイジに会いたいと思ったのだとB一は指摘します。

しかし浦島エイジは戻ってきませんでした。それは復讐が果たせなかったことが理由ではなく、死んでしまった浦島エイジは蘇らないからです。

浦島エイジを殺したのは京花自身だ、とはっきりと言われた京花は11月18日に倒れたエイジの姿を思い出しました。

突然京花が壊れたように笑いだします。

そして今度は大声を上げ泣き出しました。法廷に長く響く泣き声。京花は車椅子から落ち、泣き崩れています。

B一は椅子から立ち上がり京花を見下ろすと、京花が過去から逃げるために痛みを痛みという感情を放棄して生きてきたのだと言います。

そして、今流している涙、感じている痛みこそ、浦島エイジが取り戻してくれた大切な人を失う痛みなのだと説明しました。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」をチェック

親愛なる僕へ殺意をこめて【95話】感想

探偵B一の見事な推理は合っていたのでしょう。あの場で京花はもう少しだけ、虚勢を張り続けると思いながら読んでいましたが、まさか壊れてしまうとは・・・。

この行動が、B一の推理が正しいものであると証明しています。

浦島エイジという弱い存在は、LL事件がなければ生まれなかった人格ではありますが、LL事件がなければエイジ自身がB一のような恐ろしい人格になることなく、デフォルトの人格になっていたと考えてしまいます。

親愛なる僕へ殺意をこめて【96話】考察予想

証言人B一から浦島エイジの人格が京花によって殺害された話がなされましたが、これが葉子殺害にどう繋がっていくのでしょうか?

浦島エイジ殺害は11月18日で既に葉子は殺害されています。

加えて11月18日に京花を襲ったのは乙。あの日の京花の行動はどこにも繋がらないと考えます。

白菱父の殺害のこともどうなるか分かりませんので、この話がどこに落ち着いていくのかわくわくしています。亀一の件も繋がってくるのかも知れません。

親愛なる僕へ殺意をこめて【96話】へ

まとめ

2020年8月31日配信のコミックデイズより、親愛なる僕へ殺意をこめて【95話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」をチェック

漫画をお得に読むおすすめのサイト

2020年から電子書籍で漫画を読む人が急増しています。紙はとっても素晴らしいですが、電子書籍の魅力はいつでも手軽に読めてしまうのがいいですよね。

さらに買いに行く必要がないということと、電子書籍の方が還元率が高く安く読めてしまうお得さもあります。

しかし違法サイトもたくさんありダウンロードをするとウィルス混入や個人情報が盗まれるという怖さがあります。

そこで疑問は、

2021年1月以降、違法サイトの漫画を読んだ場合、罰則を課せらる場合があります。悪気はなく開いたサイトでそんなことが発生したらと思うと…

そこで安心して読める、安全なサイトをお得さも踏まえてご紹介しますので、参考にしてください。

サービス名 メリット
①U-NEXT 初回31日間無料/600P付与/動画見放題多数
②ebookjapan 初回6回半額クーポン(60日間)
③まんが王国 じっくり試し読みが豊富

ダントツおすすめ)完全無料でコミックスやアニメが見られるのはU-NEXT!

U-NEXTとは日本最大級の動画配信サービスで、電子書籍もなんと52万冊以上と取り扱いが豊富最大40%還元もあってお得に読めるのが特徴!初回31日間無料なのに600円分のポイントももらえます。そのポイントを使えば1冊無料で読めてしまうんです!
月額料金 トライアル期間は無料、その後税込み2189円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

U-NEXT アニメ見放題作品は190,000本!!レンタル作品も30,000本の取り扱いがあります。

U-NEXT無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。登録は3分程でできます。無料トライアル

週刊少年マガジンやサンデー、チャンピオンヤングマガジンヤングジャンプなども初回のポイントで600円以内なので無料となります。

※339円のサンデーも無料で読めちゃう!

さらに電子書籍のお得なサービス

もうすでにU-NEXT利用されたあなたに、他にも電子書籍のお得なサービスをご紹介します。

ebookjapan
ebookjapanは、Yahoo!IDでの初回ログインから60日間期間限定、6回まで半額クーポンが使えます!
 
また2000冊以上の無料まんがの取り扱いがあったり、割引やセールなどのサービスも充実しています。
 
欲しい作品のみを購入するシステムですので「無料期間」という設定がありません。
 
月額料金 なし 
無料期間 なし
メリット 無料まんがが2000冊以上・YahooIDの登録で60日間期間限定6回まで50%オフ

無料まんがが2000冊以上!試し読みなども豊富!(無料まんがを読むだけなら登録不要)

「鬼滅の刃23巻を459円を半額クーポンを使って229円で読めます

「呪術廻戦13巻」459円も半額クーポンを使えば229円!

週刊少年マガジン週刊少年サンデー、チャンピオンやヤングマガジン、ヤングジャンプなども初回の6回まで半額となります。

※会員登録や使い方はこちら
※試し読み増量キャンペーンも豊富です!

半額クーポンで読む

まんが王国
まんが王国では「じっくり試し読み」の無料漫画が多数あるのが特徴です。登録は無料です!メールアドレスから登録が可能。
 
欲しい漫画のタイトルのみを購入するシステムなので解約もとくに必要ありません。
 
月額料金 なし 
無料期間 なし
メリット 3000冊以上の無料まんがあり

じっくり試し読み