来世は他人がいい

来世は他人がいい【21話】最新話ネタバレ感想|本音を言えば結婚したい⑥

こんにちは。ひらりです。

2021年2月25日発売のアフタヌーンより、来世は他人がいい【21話】『本音を言えば結婚したい⑥』を読みました。

20話後編では、トラブルは収束し、吉乃と霧島は小津をバーに連れて来ました。

そして、未成年である吉乃に飲酒をさせた罪などを使い、二度と菜緒や自分たちに関わらないことを約束させます。

菜緒も小津が約束する瞬間を動画に収めていました。

それでは、この記事では、来世は他人がいい【21話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

来世は他人がいい【21話】最新話ネタバレあらすじ

翔真は吉乃が翔真に本当のことを話さなかったことについて怒っています。

自分たちで蹴りをつけるつもりだった吉乃は霧島が翔真を巻き込むなど夢にも思わず、また巻き込まれても強い翔真なら大丈夫だと思っていました。

しかし翔真は無傷ではありません。吉乃はカラオケに来た人物はヤクザだったかと聞きます。

翔真はヤクザではないと予想し、もしもヤクザであったとしても砥草会系ではないと言います。

赤座しおり関係のチンピラも1つの要素に過ぎず、誰かが小津の金をせびりわざわざ大阪でもめ事を起こそうとしていたのです。

翔真は赤いパーマの男が言っていたこれから起こる内輪もめと言う言葉が気になり、吉乃が小津たちから聞いた話を後ほど細かく聞くことにしました。

その頃の霧島は菜緒との別れをしようとしています。

動画ごときで小津をけん制できるのかと菜緒は心配しますが、小津ももう面倒だと感じただろうから大丈夫だと霧島は言います。

その後、わざと菜緒を怒らせる発言をして自分を殴らせた後、菜緒を見送りました。

翔真は1人バイクで帰っていったため、吉乃は乗って来たトラックの代行を頼み霧島の元へ戻ってきました。

少し話をする2人。霧島は吉乃とは思いませんでしたが、軽トラで尾行されていたことには気がついていました。

吉乃はそこで菜緒のことを知ったのです。

その後吉乃は小津のことを知り、色々と突き止めましたが正直疲れました。

霧島は吉乃がマスコットにGPSを仕込んだことも気づいていましたが吉乃に貰ったものは大切なので捨てることが出来ません。

霧島はどうして吉乃が今回霧島のことを尾行したのか聞きます。そして椿に霧島の好意が本当の者なのか見極めるように言われたと答えます。

GPSを外さなかったことなどから、吉乃は霧島の好意が本物であることを知りました。

ずっと伝えていたつもりですが、吉乃には伝わっていませんでした。

今回霧島は絶対に嘘を吐かないことを知った吉乃は、気になることがあれば都度聞くことを決めます。

そして今の気持ちを聞くと、霧島は吉乃を甘やかしたいのにめちゃくちゃにしたい時があると答えました。

怖いのでこの話はここらで終了にし、本題である吉乃との勝負の時です。

力でも心理戦でも勝てないことを知っている吉乃は運に賭けるじゃんけんで勝負に出るも、負けてしまい結果霧島は吉乃の彼氏になりました。

来世は他人がいい【21話】感想

久しぶりに1話が分かれていなかったのでとても濃い話に感じました。

これで大阪でのトラブルも終わりですが、翔真が赤いパーマの男から聞いた言葉が引っかかります。大阪で狙われているのはおそらく染井組。

内部抗争が起きれば、吉乃の祖父の命に危険が迫るかもしれません。

少し時間が空きますが、必ず起きるトラブルに翔真がどんな行動をとるのか楽しみです。

そして今回の見どころは勿論霧島が正式に吉乃の彼氏になった部分です。次回からがとても楽しみです。

来世は他人がいい【22話】考察予想

ようやく彼氏になれた霧島は大喜びで何かにつけて彼氏彼氏と言うでしょう。

吉乃は勝負に負けた以上約束は守り、ちゃんと彼女でいますがそれでもこれまで以上にイライラしていることが多くなります。

大変そうです。正式な彼氏と言うことで翔真や吉乃の周りの人に妙に恋人アピールする霧島の姿も想像できます。

他人を怒らせて楽しむタイプなので調子に乗ってしまうでしょう。

その中で今回見せた狂気も見え隠れするのか気になるところです。

来世は他人がいい【22話(前編)】へ

まとめ

この記事では、来世は他人がいい【21話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「来世は他人がいい」を1冊お得に読む