プレイボール2

プレイボール2【91話】最新話ネタバレ感想|谷原史上最悪の日!

こんにちは。ひらりです。

2021年2月17日発売のグランドジャンプより、プレイボール2【91話】「谷原 史上最悪の日」を読みました。

90話では、息を切らせえながらも、コツコツと連打を続ける墨谷打線。

粘りを通り越して得体の知れなさに恐怖を感じる谷原のエース村井。

最後は丸井の倍返しヒットで得点は9-9の同点に。 自信も持って育てた村井の惨状に、谷原の監督は髪の毛が急に白くなるのでした。

それでは、この記事では、プレイボール2【91話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

プレイボール2【91話】最新話ネタバレあらすじ

熱さが照りつける神宮球場。

今日は決勝戦です。

勝ち上がってきたのは、明善高校と谷原高校。

しかし、谷原ベンチには監督の姿が見えません。

監督は生徒に隠れて炭酸飲料を購入。

球場の外で壁を背にしながら座り込んでいました。

その監督に気が付いた市川記者ですが、白髪が増えてやつれた谷原の監督の姿を見て、これが決勝で戦う姿かと内心驚いています。

自嘲的に5歳は老けたと語る監督。

とにかく墨谷にズタボロにされたと、悪夢の準決勝を振り返ります。

9回墨谷による打者一巡の連続ヒットで同点に追いつかれた谷原。

ヒットで出塁した丸井が倍返しだと、1塁で寝込むように墨谷の体力は既に限界。

村井もその後のピンチを踏ん張り無失点に抑えました。

しかし最終回の攻撃は谷口にピッチングの前に、谷原は0点に抑えられサヨナラ勝ちすることが出来なかったのです。

しかも延長戦は墨谷が逆転するまさかの展開。

これは何とか同点に谷原も追いつきますが、そこから先は地獄のような攻防が続きます。

両チームとも疲労困憊。

ピンチの度に目まぐるしく投手交代をする墨谷ナインに、観客は気が付けば応援を送るようになりました。

谷原は3番手ピッチャーが控えていましたが、この雰囲気での交代は絶対に負けてします。

そう感じた谷原の監督はエース村井との心中を覚悟。

翌日再試合かと思われた延長18回に谷原がサヨナラ勝ちで、死闘に幕は下りたようです。

終わりのない恐怖を思い出す監督は、そのまま急に倒れ込んでしまいました。

何と心臓に持病を抱えたいたというのです。

采配をマネージャーの樋口に託す一方、谷原のベンチにも異変が起きていました。

墨谷戦で18回を投げ切った村井が、急に気が触れ出したのです。

自らベンチに何度も額をぶつけて発狂するのでした。 

プレイボール2【91話】感想

ズタボロになる墨谷の描写は、ちば先生時代からのお馴染みですが、対戦相手としてはたまったものではありません。

谷原の監督が隠れて炭酸飲料を飲むシーンは、本当ならばビールでも飲まなければやってられないという心の表れでしょうか。

今回の勝った相手が白髪になるという描写。

この元ネタは、主人公のジョーに勝利するも世界チャンプが白髪になるという「あしたのジョー」からでしょう。

弟ちばあきお先生の作品に対して、兄ちばてつや先生のオマージュを取り入れた演出でしたが、果たして気付いた読者は何人いるのか気になります。 

プレイボール2【92話】考察予想

現在は延長15回まで同点の場合は翌日に再試合も、本作の時代設定では延長は18回まででした。

まさに死闘。

しかし結果はまさかのダイジェストで、その様子については次回の敗者となった谷口たちの回想シーンで語られることでしょう。

結局、敵に油断があったとはいえ勝つことが出来なかった墨谷。

ちば先生時代から遡って40年ぶりのリベンジは果たせませんでした。

「あしたのジョー」的表現ならば、真っ白に燃え尽きた墨谷ナイン。

谷口の今後が気になります。 

プレイボール2【92話】へ

まとめ

この記事では、プレイボール2【91話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▶「プレイボール2」を1冊無料で読む