逃げ上手の若君

逃げ上手の若君24話最新話ネタバレ確定感想|頼重のために!

こんにちは。ひらりです。

2021年7月12日発売の週刊少年ジャンプより、逃げ上手の若君【24話】『不可思議1334』の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

23話では、征蟻党の幹部たちを倒した時行たちですが、敵の応援として貞宗が軍を連れて中山庄にやって来ました。

このままでは勝利はないと感じた吹雪でしたが、諏訪大社からの応援も同時に到着したことで貞宗は引いて行き、無事中山庄を守ることが出来たのでした。

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

U-NEXT
初回限定31日間無料!入手困難な作品もU-NEXTなら取り扱い作品数№1

漫画ランキングこちら

今話題のアニメこちら

無料期間中に解約しても違約金はかかりません。安心・安全なサイトです!

▼登録は3分程でできます!いますぐチェック▼

逃げ上手の若君 24話最新話ネタバレ考察【頼重のために】

頼重は未来が見えない時期に入ってしまったことを時行に伝えました。

頼重を拠り所にしている者も数多くいるためこのことは2人だけの秘密です。

その上で時行は頼重が力を取り戻す手伝いをすることになります。

これまでは諏訪を守るために行動してきた時行ですが、目的が変わります。

頼重はこの世に残る不可思議な力、頼重の力の源泉に触れることになるのです。

現在でいうパワースポットのようなところに行くことになるのでしょうか。

それとも時が経ち自然に力が戻るまで、未来予知なしで乗り切れということなのでしょうか。

逃げ上手の若君24話最新話ネタバレ考察【いずれ来る瘴奸戦】

時行との戦いに敗れた瘴奸でしたが、貞宗に見つけられたことで間一髪その命を取り留めました。

いずれ来る諏訪のために、賊を辞め武士として貞宗に仕えることを指示された瘴奸の頭には、時行の後ろに見た仏の姿が浮かんでいました。

悪党という存在が消えていく中、生まれ変わった瘴奸は必ずもう1度時行の前に現れます。

れだけ調べても瘴奸という名は見つからなかったため、次に出てくる時は別の名前を名乗っているのかもしれません。

逃げ上手の若君24話最新話ネタバレ考察【新しい郎党“吹雪”】

頼重に相談して時行は吹雪に自分が北条の子であることをばらしました。そして正式に吹雪が時行の郎党に加わります。

時行の中にある魅力を全て引き出し、時行と共に天下の舞台へ行く覚悟を決めた吹雪はとても頼りになる存在です。

弧次郎たちのように時行を守る存在として頼もしいのは勿論、時行自身を鍛えてくれます。

鬼心仏刀はどんな敵にも使える技ではないため、時行は根本を強くする必要があります。

しかし、余計な筋力をつけることが頼重から止められるので、どうするのでしょうか。

逃げ上手の若君24話最新話ネタバレ確定『不可思議1334』

突然うなぎが食べたいと言い出し、弧次郎と亜也子に獲って来てもらった時行。

しかし時行が突然わがままを言う事には裏がありました。

誰にもばれずに頼重の力を取り戻すため、頼重が必要だと言った物を時行が集めているのです。

うなぎ、行者にんにくを食べるといいかもしれないと言われてもらって来るも効果はありませんでした。

続いて注連縄で囲った神の領域を作り、力を高めようとします。

頼重に言われるまま物を集める時行は、巫女の協力を得ることが出来ないため藁で巫女を模した人形を作り巫女装束を着せました。

郎党たちは時行の不可思議な行動を怪しみ始めます。

精のつく食べ物、等身大の巫女人形、そして縄・・・。

時行はヤバい性癖を持っている、と結論付けた郎党たちはそれでも忠義を変えずについて行くと言っていますが、問題はそこではありません。

郎党たちが話していることを聞いてしまった時行は、ブチ切れた状態で頼重の元に戻り、呑気にうなぎをおかわりしている頼重にこのことを訴えます。

多少不可解な君主の方が威厳が出るといい顔で頼重は言いますが、時行の場合ドン引きされているため一刻も早く誤解を解かなければなりません。

頼重から事情を話すよう、時行は頼重を皆の元に連れて行こうとしますが頼重は最後の頼みだと守矢山の水を要求しました。

諏訪大社のご神体でもある山の水であれば一発で力が戻るだろうと言う頼重は、単にうなぎとにんにくが食べたくて水のことを言わなかったのです。

一応水を汲みに向かう時行ですが、頼重の力が本当の物なのか怪しく感じ始めていました。
疑心暗鬼のまま、水のある沢に辿り着いた時行は無数の光と戯れるように神楽舞を踊る雫を見つけました。

時行に気づいた雫は、彼らと一緒に色々な祈りをしていたと言いますが、そこには誰もいません。

時行が目を細めると、雫は時行の額に口を付けます。

頼重が見せようとしたと思った雫は、少しの間時行にも彼らが見えるようにしたのです。

目を開けた時行は沢のあちこちに神獣の姿を確認します。

驚く時行は、頼重がこの神獣たちの姿を自分に見せた理由も、雫のことも良く知らないと思うのでした。

逃げ上手の若君24話感想

力を取り戻すためにももっとたいそうなことをすると予想していましたが、意外と今でもちょっとした願掛けに使うようなことを試していました。

しかし前半は結局頼重の単なるわがままで、沢の水があれば全て解決なのでしょう。

今回はまだ水を持って帰りませんでしたが、これで確実に頼重の力は戻ります。

神楽舞を踊る雫の姿は本当に美しく、雫が巫女として力を持っていることも納得がいきました。すごいからこそ犠牲になってしまわないか心配です。

▷逃げ上手の若君25話へ

まとめ

この記事では、逃げ上手の若君24話の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。