逃げ上手の若君

逃げ上手の若君17話ネタバレ確定&感想|襲撃!二刀流の青年と大量の敵

こんにちは。ひらりです。

2021年5月24日発売の週刊少年ジャンプより、逃げ上手の若君【17話】「教育1333」を読みました。

16話では、頼重の未来予知が出来ない期間がやって来ました。そんな時に限って時行たちが危険な行動をとろうとしています。

諏訪の領地が安全かどうかの偵察に行った時行たちは、すでに陥落していた北の領地で敵と遭遇してしまいます。

それでは、この記事では、逃げ上手の若君【17話】の展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

U-NEXT
初回限定31日間無料!入手困難な作品もU-NEXTなら取り扱い作品数№1

漫画ランキングこちら

今話題のアニメこちら

無料期間中に解約しても違約金はかかりません。安心・安全なサイトです!

▼登録は3分程でできます!いますぐチェック▼

逃げ上手の若君17話ネタバレ考察「襲撃!二刀流の青年と大量の敵」

偵察に来た時行たちが襲撃を受けました。

弧次郎と亜也子が気づき時行を守りましたが、敵は二刀流の青年を筆頭に茂みの中にたくさんいます。かなり危険です。

時行たちは逃若党だけで来ているためたった5人。しかも雫は戦力ではないので実質4人です。

二刀流の青年だけでもかなり強そうであるため、誰かが傷を負ってしまうことは間違いないでしょう。

逃げる才能に溢れている時行も、逃げるだけではいけない時が急にやって来たと言えます。

逃げ上手の若君17話ネタバレ考察「二刀流の青年の正体」

二刀流で調査すると、1334年に二刀流だったと噂されているのが新田義貞です。

しかし1334年の時点で新田義貞は30代。

青年、と呼ぶには少し大人すぎます。もう1人候補として考えたのは後醍醐天皇の皇子である恒良親王です。

しかしこちらも所説ありますが、1334年の時点では、9~13歳だと考えられているため、青年と呼ぶには若すぎます。

調査しても核心に迫る情報を掴むことは出来ませんでしたが、この2人のどちらかの可能性もあるのではないかと予想しました。

逃げ上手の若君17話ネタバレ考察「頼重の予知復活」

不安でたまらない頼重は本当に諏訪大社で待っているでしょうか?こっそりついてきている可能性もあります。

もしもちゃんと諏訪大社で待っていた場合、急に未来予知が復活し時行たちの状況を知ります。

血筋が絶えてしまうと焦りまくっていた頼重は今の状況を知ると発狂してしまうかもしれません。

とはいえ、アドバイスをすることも不可能。諏訪から応援を送るとして、後は時行たちが耐えてくれることを祈るしか出来ることがありません。

逃げ上手の若君17話ネタバレ考察「教育1333」

北の領地で時行たちの前に現れた二刀使いの少年は、周りを囲む敵もまとめて警戒している弧次郎、亜也子に飛びかかってきました。

そして弧次郎と亜也子の攻撃を同時にさばきます。

戦いが専門ではない玄蕃は周囲を囲む敵が向かって来るかもしれない、と時行を連れて逃げようとしますが、時行は何かを感じているようで逃げることを拒みました。

それには弧次郎と亜也子が半年で強くなっていることも影響しています。

2人の戦いを見ていると、時行との稽古の時は手を抜いていることが分かりました。

それどころか、2人は時行よりもはるかに強いのに、普段は敵わないふりをして時行を甘やかしていたのです。

時行はとても恥ずかしくなりました。

弧次郎と亜也子は、頼重から個別に強くなるように言われ、時行を護れるように鍛錬を続けていたのです。

時行はいつか2人のように戦えるようになりたいとほれぼれしていました。

その時、弧次郎と亜也子の刀を受け止めていた少年が、時行の後ろにいる雫に気がつきます。

そして弧次郎たちから離れると、雫に話しかけました。

少年は以前雫に飯を貰ったことがある吹雪という放浪者でした。

今は仕える主を探していると話し始める吹雪は、たまたま立ち寄ったこの村が小笠原の者に襲撃を受けていたため、加勢したのです。

大人が全て殺されてしまったがために、村に残っているのは幼子たちのみ。

松明を持って取り囲んでいる者は全て幼子です。

吹雪はたった1人で3度敵兵を全滅させたのです。

今回弧次郎たちも敵だと思ったようで、急に斬りかかったことを謝罪します。

吹雪は幼子に生きる術を教えて来たことで、仕える主君を探すよりも人を育てることの方があっているのではないかと感じ始めていました。

そのことを知った時行は、吹雪に自分も色々教えて貰いたいと目を輝かせますが、その頃この村に再び魔の手が・・・。

逃げ上手の若君17話感想

時行たちを襲った少年は敵ではありませんでした。

今回の話の雰囲気だと仲間にはならず、この村にいる間に時行が強くなるためのアドバイスを貰うことになりそうです。

ここまで出て来た主要キャラに比べると、クールな雰囲気を持っており、ギャグ要素には交ざることがなさそうです。

むしろそうあってほしいです。流石に頼重や貞宗レベルだと気持ち悪いのですが、その他の激怒の表情なども常にクールなキャラが1人ぐらいは欲しいと感じます。

前回は1334だったのに今回1333に戻ったのはなぜなのでしょうか。

▷逃げ上手の若君18話へ

まとめ

この記事では、逃げ上手の若君【17話】の展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。