なれの果ての僕ら

なれの果ての僕ら【47話】最新話ネタバレ感想!変貌の悪魔は…監獄実験の続き

こんにちは。ひらりです。

2020年12月23日配信のマガポケより、なれの果ての僕ら【47話】「ファウスト」を読みました。

46話では、ネズが屋上で未来を発見した時、既に未来は息をしていませんでした。ネズは未来が殺されたと仲間に銃口を向けます。

その頃亜夜子とビデオ通話中の月岡は、この実験での映像が流れることになれば苦しむのは本人だけでないと月岡を脅し、これから自分が実験を引き継ぐと言い出しました。

それでは、この記事では、なれの果ての僕ら【47話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

なれの果ての僕らを1冊無料で読む

なれの果ての僕ら【47話】最新話ネタバレあらすじ

実験2日目夜、未来が殺されたことでネズが銃を持ったこと、亜夜子が実験を引き継いだこと、そしてもう1つ、口にするのも汚らわしい事件が起きたと倉本は記者に話します。

その事件こそ、2日目最後の死者を出した事件です。

ネズが仲間に銃を向けたことで、長谷部はネズが絶対に事件を起こすと考えました。

ネズが大きなことをすれば長谷部が起こしたことの印象は薄くなります。

梶原の思い通りにはいかない、と長谷部は笑います。

助かった後の人生も問題なく過ぎていくと確信した長谷部は、この実験中もさらに楽しんでやろうと考え笑いが止まりません。

その前に長谷部はある人物を探そうとしました。

そんな長谷部に、これからの人生を悲観する及川が相談してきました。

長谷部は及川を面倒に思っているものの、まだ利用価値があると思い連れて行くことにします。人生が終わるなら今を楽しもう。

及川はその言葉を聞いて差し出された長谷部の手を掴みました。

長谷部に暴行を受けた後の石井の周りには安藤だけでなく黒田も来ていました。

石井は黒田が自分のことを心の中で笑っているのだと言いますが、黒田は石井が憎いわけではないと否定します。

そこに長谷部到着。黒田は女子2人の盾になるも、長谷部の狙いは黒田の方でした。

長谷部は黒田の持つリモコンを狙っていたのです。

もう恐怖には屈しない、と反撃をする黒田でしたが激しい暴行を受け気絶、その場に倒れてしまいました。

長谷部はリモコンを奪うと石井と安藤を鍵のかかる部屋に連れ込みました。そして楽しいこと、監獄実験の続きをすると言います。

なれの果ての僕ら【47話】感想

今回のタイトル「ファウスト」は長谷部を刺しているのでしょう。真面目だった長谷部はこの実験中に完全に変わってしまいました。

悪魔のようになった長谷部は自分の欲望に忠実に残りの時間を過ごすと言い、石井と安藤を閉じ込めました。

しかしファウストは最終的には幸せをくれた悪魔により地獄へ連れ去られてしまいます。

この日の内に死亡する最後の2人はおそらく安藤と石井になると思いますが、その翌日に争いによって殺されるのは許されない罪を犯した長谷部ではないでしょうか。

なれの果ての僕ら【48話】考察予想

近くの教室に石井と安藤を放り込んだ長谷部と及川。

次話のサムネイルとして、脱げと言っている長谷部のシーンがあったため、2人に乱暴することは間違いないでしょう。

黒田から奪ったリモコンを使えば、痛みで2人を支配することが可能になります。乱暴だけではなく辱めを受けた安藤と石井は、絶望してしまいます。

特に石井はこの実験中に心が限界を迎えていると思うため、死を選び安藤も石井の死に同行。暴行を受けた状態のまま飛び降りるのだと思います。

なれの果ての僕ら【48話】へ

まとめ

この記事では、なれの果ての僕ら【47話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます!ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

なれの果ての僕らを1冊無料で読む