なれの果ての僕ら

なれの果ての僕ら【45話】最新話ネタバレあらすじ感想!野生の思考

こんにちは。ひらりです。2020年12月9日配信のマガポケより、なれの果ての僕ら【45話】『野生の思考』を読みました。

44話では、未来がみきおを殺したという事実だけでクラスメイトたちはさらにまとまりを失っていきます。

それでもまだ生きている未来を救うためにネズが走り出すと、未来が持つ銃を狙う長谷部も教室を飛び出し皆が2人を追います。

そんな中、1人教室に残った月岡はみきおの表情から何かを察しました。

それでは、この記事では、なれの果ての僕ら【45話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

なれの果ての僕ら【45話】最新話ネタバレあらすじ

支配した奴らに復讐されてはいけない、梶原の言っていたこれからのことも未成年であるため名前が出ない自分には関係ない、と欲望のままに長谷部は銃を探します。

今この時を楽しんでやろうと考える長谷部は、交際期間中は一度も性行為をさせてくれなかった葉月を凌辱すると決めました。

その時、長谷部は背後からモップで殴られました。

殴った相手は石井です。

黒田から卑怯者だと言われた石井は、自分が受けた理不尽な暴力が他人に理解できるわけがないと怒り、暴行した1人である長谷部を襲ったのです。

しかし武器を持っても所詮は女。長谷部の返り討ちに会ってしまいました。

急いで銃を手に入れたい長谷部は、ある程度石井を痛めつけるとまた走っていきました。そこにいた安藤は石井に声をかけ、石井は悔しさで泣き始めます。

みきおが死亡して加速するまとまりのなさの理由が、安藤には分かりませんでした。

未来を探すネズは、未来が全然見つからないことにイライラし始めていました。

安藤に落ち着くように言われて屋上を探していないことに気付いたネズは、未来が生きていることを願いながら屋上のドアを開けました。ネズの顔色が変わります。

みきおが死亡した教室内を捜索する月岡は、それを見ていた溝口にも協力を仰ぎました。

パソコンかタブレットを探すように言われて理由が分からないまま探す溝口は、パソコンを見つけます。

みきおの顔認証でしかパソコンは起動しないため、みきおの遺体を使って起動させた月岡は撮影された実験の映像が全てクラウド上にアップされていることを知ります。

みきおは携帯電話没収の後妨害電波を切っていたのです。

全ての行いが外部に流れてしまっていることに恐怖する月岡ですが、溝口の言葉で優先すべきは救助の連絡であることに気付きます。

その時、パソコンに電話がかかってきました。出てみると、電話の相手はみきおの母でした。

なれの果ての僕ら【45話】感想

クラスメイトがばらばらになっていくことが止まりません。

許されないと分かっていても自身の行いを反省している様子の月岡の冷静な行動により重大な事実が判明しましたが、今の皆にそれを伝えることが出来ないのが悩ましいところです。

更にこのタイミングで映画館以降みきおと連絡を取っていなかったみきおの母が登場。

もう実験は終了しましたが、事件が終わるまでの残り時間はみきおの母を楽しませる結果になるような気がしています。

なれの果ての僕ら【46話】考察予想

ネズは屋上で何を見たのか・・・。前から予想している通り、後日カウントされた死者の数の内、未来が2日目の死者カウントで間違いないのであれば、この屋上で未来は死んでいるのでしょう。

もしここで自分で命尽きたのではなく、誰かの手が加えられたようになっていれば、そこがネズの壊れるタイミングになると思います。

外部に全てが流れてしまうこともまだ知らず、さらなる悪に落ちて行こうとする長谷部は生き残ってしまうような気がしています。

なれの果ての僕ら【46話】へ

まとめ

この記事では、なれの果ての僕ら【45話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「なれの果ての僕ら」の漫画を1冊無料で読む