なれの果ての僕ら

なれの果ての僕ら【37話】最新話ネタバレ感想|王様決定!渡されたリモコン!

こんにちは。2020年10月7日発売の週刊少年マガジンより、なれの果ての僕ら【37話】「永遠も半ばを過ぎて」を読みました。

36話では、長谷部が悪魔になってでも王様になりたかった理由が分かりました。

葉月と付き合っていた長谷部は、この同窓会で石井に乱暴したことにより葉月に失望されてフラレてしまっており、葉月に復讐しようと考えていたのです。

それでは、この記事では、なれの果ての僕ら【37話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「なれの果ての僕ら」の漫画を1冊無料で読む

なれの果ての僕ら【37話】最新話ネタバレあらすじ

みきおの元に各チームで決められた王様が集まりました。Aチームからは意外な人物が選出されています。

15分前の時点でAチームはまだもめていました。石井を反対するネズと、ネズを反対する石井。石井はネズがなるなら死んでもいいと言うほどの意思の固さです。

その時、あることに気づいた黒田が発言しました。その発言の内容は、黒田自身が王様になるべきだというものであると、月岡は気づきました。

石井とネズはそれでもいいと言うため、反対していた山口も黒田が王様になることに同意しました。

そうしてAチームの王様は皆が意外だと思った黒田になったのです。

しかし黒田は皆のことを守れる真っ当な人間になるという意志をちゃんと持っていました。

王様が決まったため皆を集めようとするみきおに、長谷部は銃を要求します。みきおはやることがあるからと、まだ銃を渡してはくれません。

早乙女は長谷部の様子に違和感を感じていました。

やることがあると言ったみきおは、集まった皆に腕輪をつけさせました。

腕輪には番号が付いており、みきおは試しに手元にあるリモコンの1のボタンを押してみました。

すると、突然桜庭先生が苦しみだし、布団の上で呻きました。

リモコンでボタンを押された番号の人物の腕輪からは強力な電流が流れる仕組みです。

電流はそれなりの苦痛を与える威力であり、このリモコンは王様4人に渡されます。

このリモコンをどう使うかは自由。早乙女、葉月、黒田が驚きと共に反応に困っている中、長谷部だけは不気味に笑みを浮かべていました。

なれの果ての僕ら【37話】感想

山口はいつまでも黒田のことを変態呼ばわりしていますが、実際責められるのは黒田ではなく雨宮の方ではないでしょうか。

そのことは置いておき、Aチームの王様が黒田に決定。弱そうな黒田ですが、正義感が生まれているため少しだけ頼りになりそうです。

回を重ねるごとに不気味さが増していく長谷部。

この狂った状況で葉月にフラれたので壊れてしまうのは仕方がないのかもしれませんが、もしこの状況でなくてもDV男になっていたような気がします。

なれの果ての僕ら【38話】考察予想

葉月は長谷部が何かを企んでいることに気付いています。

長谷部のせいでひどい目にあってしまう人物がいることは確実ですが、残る死人はあと4人であり、2人は裸で抱き合った状態で身を投げるため、

葉月が長谷部と復縁したように見せかけて責任を取って長谷部を道連れに身を投げるのではないでしょうか。

もしくは、早乙女と信頼を深めているため、この2人が結ばれた状態で楽になる可能性も考えられます。

なれの果ての僕ら【38話】へ

まとめ

この記事では、なれの果ての僕ら【37話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「なれの果ての僕ら」の漫画を1冊無料で読む

完全無料でコミックスやアニメが見られるのはU-NEXT!

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額
U-NEXT

31日間無料
2,189円
600ポイント付与

月額料金 トライアル期間は無料、その後税込み2189円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

U-NEXT漫画ランキングこちら

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。

\登録は3分程でできます/

さらにさらに動画配信にとっても強いサービスなのでたくさんの見放題作品も豊富に揃っています。

U-NEXTの今話題のアニメこちら

見放題作品は210,000本!!新しい東京卍リベンジャーズや映画公開中のコナンも過去作を配信!見逃せないですね!

初回は31日無料とあれば、絶対損はないですよね

\登録は3分程でできます!いますぐチェック/

週刊少年マガジンやサンデー、チャンピオンヤングマガジンヤングジャンプなども初回のポイントで600円以内なので無料となります。