週刊少年チャンピオン

もういっぽん【99話】最新話ネタバレ感想|部活紹介!新入生の見学

こんにちは。ひらりです。2020年11月5日発売の週刊少年チャンピオンより、もういっぽん【99話】「ホープ」を読みました。

98話では、唯一の3年生である姫野の引退試合が終わりました。 嬉しそうに柔道をする様子を見ながら、あんな先輩になりたいと未知。

ついに2年生に進級となりました。 最初の仕事は新入部員の勧誘です。 部活紹介の準備をすべく早苗たちは動画の編集準備に取り掛かります。 

それでは、この記事では、もういっぽん【99話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「もういっぽん」の漫画を1冊無料で読む

もういっぽん【99話】最新話ネタバレあらすじ

体育館で行われる新入生への部活紹介。

剣道部の次はいよいよ柔道部の番になりました。

緊張する早苗にステージに畳を用意する安奈など慌ただしい様子です。

実際に乱取りをしながら技の説明をする早苗ですが、観戦する1年生の反応は今一つです。

技の掛け方が悪いからだとステージでグダグダが始まる未知と安奈。

早く進めろと先生に急かされる中、今度は動画での部活紹介です。

今までの活躍が再生される中、これは閲覧禁止だろうと映った画面。

それは未知が練習でバテていた時のものです。

どうやら安奈が挿入したようですが、またもグダグダな展開に部活紹介の持ち時間は残り20秒になりました。

経験の有無は関係なく大歓迎だと語る未知。

練習はきついし、道着の持ち帰りも確かに面倒です。

それでも私は柔道が超好き。

最後のスピーチは勧誘ではなく、事項紹介のような形で柔道部の持ち時間は終わりました。

そして後日。

部活を覗きにくる新入生。

思わず喜ぶ未知でしたが、新入生のお目当ては剣道部でした。

何度目のパターンだと諦め気味の未知。

しかし、今度は柔道部の希望です。

170㎝超えの大柄な女子生徒の名前は司実。

柔道経験はありませんが、相撲を少々といいその場で四股を踏み始めます。

その様子をじっと見つめる一人の生徒。

どうやら司のクラスメイトのようで、未知は勧誘の声を掛けます。

しかし、やはり辞めますと背中を向ける新入生。

未知の態度が姉にそっくりで好きになれないそうです。

その姉とは何と卒業した姫野でした。

もういっぽん【99話】感想

張り切る部活紹介ですが、どうも空回りが過ぎる未知たち。それでも動画では卒業した姫野の画像も映すなど、先輩リスペクトの精神です。

新入生の見学については、剣道部は全国大会、柔道部は県大会ベスト8では注目に差が出るのは仕方ないですね。

それでも訪れた待望の入部希望者。青西にいよいよ重量級選手が誕生の予感です。

初登場もあり口数の少ない印象の司ですが、メイクアップ部との兼部ということから、実は可愛いもの好きといったギャップ萌えの可能性ありです。 

もういっぽん【100話】考察予想

反抗期なのか捻くれた印象が強い姫野妹。

とはいえ、姉の紬は既に夏目先生にメールを送信済など、妹の方も最終的には入部しそうな流れです。

恐らくは柔道経験者で、体格的には48か52㎏級ぐらい?

未知に対する態度を見るからに、どうやら物事をハッキリと言うタイプかもしれません。

次回は姫野妹を入部させるために、未知たちの説得が始まる展開になりそうです。
新入生を加えた新生青西柔道部。

お披露目は記念すべき連載100話のタイミングで明らかになるでしょう。

まとめ

この記事では、もういっぽん【99話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「もういっぽん」の漫画を1冊無料で読む