森林王者モリキング

森林王者モリキング【33話】最新話ネタバレ感想|決着!ヘラクレスVSモリキング

こんにちは。ひらりです。

2020年12月21日発売の週刊少年ジャンプより、森林王者モリキング【33話】「決着」を読みました。

32話では、仲間たちの協力のお陰で、究極に不利なトーナメントを勝ち進んだモリキング。近所の公園を決勝の舞台とし、ヘラクレスと向かい合っています。

その場に戦いの場所を選んだモリキングとヘラクレスの勝負は・・・相撲に決まります!!

それでは、この記事では、森林王者モリキング【33話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「森林王者モリキング」を1冊無料で読む

森林王者モリキング【33話】最新話ネタバレあらすじ

土俵に入り、ぶつかり合う両者!!

砂煙が上がり・・・翔太と勝子が見守っています。

暫くして見えてきたのは、一撃で土俵際に追いやられたモリキング。

流石は世界最強のカブトムシだと、翔太は感じていました。

モリキングに対し、絶対に勝てないと断言するヘラクレス。

自分を否定できるのは強い生物だけだと言い・・・角でモリキングを持ち上げました。

圧倒的に有利な状況になり、ヘラクレスは語り始めます、

このまま叩きつければ、ヘラクレスの勝利は確定。

ただ、彼はモリキングが見てきたものが気になっているのです。

ヘラクレスに問われても、黙っているモリキング。

危機的状況にあるモリキングを見て、勝子は不安がピークに達しました。

周囲を見渡し、集まった皆に応援の求める勝子。

しかし・・・公園に集まった皆は、楽しそうに話をしています。

久々の再会をしたり、出店を出したり・・・。

戦っているモリキングを見た勝子の父は、勝ったら祝勝会をするとだけ声をかけるのでした。

予想外に軽い雰囲気を感じ、困っている勝子。

ただ、モリキングはその姿を見て笑みを浮かべています。

そして・・・ヘラクレスの角を押し返し、地面に降りてきました。

再びヘラクレスと組み合うモリキング。

先程より強い力に、ヘラクレスは驚いています。

そんなヘラクレスの背後からは・・・モリキングだけでなく、ヘラクレスを応援する子どもたちの姿・・・!?

自分が滅ぼそうと思っていた人間に応援され、ヘラクレスは目を見開きます。

そんなヘラクレスに向かって、モリキングは人間について語りました。

人間と触れあって、多くのことを学んだモリキング。

そんな思いを受け取ったヘラクレスは、真っ向からモリキングと勝負します。

憑き物が取れたような表情で、モリキングとぶつかるヘラクレス。

次の瞬間・・・ヘラクレスは、宙に飛ばされていました。

敗北が確定したにもかかわらず、ヘラクレスは笑っています。

地面に倒れたヘラクレスを見て、モリキング抱きつく翔太。

この瞬間、モリキングの勝利が確定しました!

森林王者モリキング【33話】感想

遂に決勝に駒を進めた日本チーム。決勝の相手であるヘラクレスと戦うのは、もちろんモリキングです。

激突するも、劣勢のモリキング・・・。しかし、仲間の存在がモリキングの力を高めました!!

そんな人間たちの良さを、ヘラクレスも感じ取っていますね。

結果は、両者が納得する形でのモリキングの勝利!!王我と戦ったときのような、大技はありませんでした。

ただ、それ以上に純粋な勝負だった思います。モリキングは、地球王となったのです!!

森林王者モリキング【34話】考察予想

次回、森林王者モリキングは最終話を迎えると予想します。日本での戦いを終え、次の戦いは世界に移りました。

ただ、その戦いも終わってしまいましたね。つまり、この作品の終わりが近いということです・・・。

地球上の昆虫以外の生物を、全て滅ぼそうとしていたヘラクレス。そのヘラクレスも、モリキングとの戦いで価値観を変えたと思います。

倒してきた敵を仲間に加え、平和を作ったモリキング。人間と昆虫が共存する世界になると予想します。

まとめ

この記事では、森林王者モリキング【33話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「森林王者モリキング」を1冊無料で読む