森林王者モリキング

森林王者モリキング【31話】最新話ネタバレ感想!オオスズメバチVSパラワンオオヒラタクワガタ

こんにちは。ひらりです。2020年12月7日発売の週刊少年ジャンプより、森林王者モリキング【31話】『オオスズメバチVSパラワンオオヒラタクワガタ』を読みました。

30話では、地球王を決めるトーナメントが始まり、2回戦に進出したモリキングたち。コーカサスと対戦することになります。そのコーカサスに挑もうとするのは、王器でした!!

ここでの勝負は・・・ケツしばきポーカー?最初は劣勢の王器でしたが、コーカサスの不正を見破って逆転しました!!

それでは、この記事では、森林王者モリキング【31話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

森林王者モリキング【31話】最新話ネタバレあらすじ

3回戦の会場は、日本の山中。

そこには、鋼鉄のリングが建てられています。

この3回戦は1対1のデスマッチ!!?

ここに来て、急に真面目な戦いになりました。

現れたのは・・・パラワンオオヒラタクワガタ!!

今回の敵を見た翔太は、驚愕しています。

その強さは、世界最強と言われるカブトムシ・・・。

そんな最強の敵と戦うため、モリキングが歩き出した瞬間・・・愛王が歩み出しました。

自分がやると言い、前に出た愛王。

最後のボスであるヘラクレスまで、モリキングの体力を残そうとしています。

ここは自分に任せろと言い、愛王はリングの中に入りました。

敵である愛王を見て、完全に舐めているパラワン。

その隙を突いて、愛王は攻撃を仕掛けます。

しかし・・・愛王の針は、パラワンには通用しない・・・。

さらに、一撃で愛王が敗れてしまいました。

痛めつけられ、殺されそうになる愛王。

次の瞬間・・・鋼鉄の檻を突き破り、王我が現れます!!

後は任せろと言う王我。

今まで姿を消していた王我は、世界を旅して修行をしていました。

世界で愛を知り、王我が強くなったのです。

モリキングの影響を受け、新たな技を身につけた王我。

最強の技でパラワンを倒してしまいました。

ただ、その代償は大きい・・・。

鋼鉄の檻を砕いたこともあり、王我の角は折れてしまいます。

折れた角を見て、動揺するのは翔太。

しかし、王我は全く気にしていません。

王になるのは自分ではないと言う王我。

折れた左角を、モリキングに託します。

角を受け取ったモリキングは、決勝に挑むことになるのでした。

森林王者モリキング【31話】感想

3回戦に進出したモリキング。ここでの敵は、パラワンオオヒラタクワガタです。このパラワンは、翔太の知る限り最強の敵のようですね。

そんな強敵に挑んだのは、愛王でした。ただ、愛王の力では勝てず・・・。その代わりに現れたのは、王我です。

モリキングの影響を受けて世界中を旅し、愛を知った王我。それによって、さらなる力を手に入れました。

世界一のクワガタと言われるパラワンを圧倒し、勝利を収めます。その後、モリキングに全てを託した王我、

次回は決勝戦となります。

森林王者モリキング【32話】考察予想

遂に、地球王を決める戦いの決勝戦に進んだモリキング。決勝の相手は、以前あったヘラクレスになります。

愛王が、強すぎる相手だと語ったヘラクレス。その強さが明らかになるでしょう。

最強のカブトムシであるヘラクレスに挑むのは、当然モリキング。モリキングが、世界最強の昆虫に挑むのです。

この戦いが、モリキングの最後の戦いになるのではないでしょうか!?つまり、このマンガの終わりが近いと言うこと・・・かもしれません!!

まとめ

この記事では、森林王者モリキング【31話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「森林王者モリキング」を1冊無料で読む