森林王者モリキング

森林王者モリキング【25話】最新話ネタバレ感想|カブトムシvsオオクワガタ

こんにちは。2020年10月26日発売の週刊少年ジャンプより、森林王者モリキング【25話】「カブトムシvsオオクワガタ」を読みました。

24話では、最後の森林王候補、鍬田王我のアジトに向かったモリキングたち。王我は大量の昆虫軍団を配下にしていますが、愛王と王香が軍団を相手にします。

王我の下を目指すモリンキングと王器は2体の幹部を蹴散らし、遂に最上階に辿り着くのでした。

それでは、この記事では、森林王者モリキング【25話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「森林王者モリキング」を1冊無料で読む

森林王者モリキング【25話】最新話ネタバレあらすじ

王我のアジト最上階、照之の間に到着したモリキング。

相変わらず全裸の王我を見て、勝子は目を塞いでいます。

モリキングを見た王我は、またしても仲間になれと話しをしてきました。

その言葉を受けても、モリキングの意志は変わりません。

話しの途中で、王我に向かって行くのは王器。

しかし・・・一撃で倒されてしまうのでした。

倒れた王器を見て、穴を掘り始めるモリキング。

穴に王器を埋め、王我との戦いに挑みます。

最強の昆虫を決めようと、ステージを用意する王我。

アジトの頂上がせり上がり、部屋は屋上へ・・・。

そこは、戦いのステージとなったのです!!

向かい合い・・・相撲を取るモリキングと王我。

激突した2体は・・・互角のパワーで互いにはじけ飛びます。

パワーでは決着がつかないと感じ、技を繰り出す2体。

激しい技の応酬が始まりました。

互角の戦いを繰り広げる2体ですが・・・徐々に押されていくモリキング。

膝をついたモリキングに対し、王我は昔話を始めました。

まだ幼虫だった頃、共に修行をしていた2体。

師匠のコクワガタに鍛えられ、切磋琢磨しています。

最後の修行を終え、森王流の伝承者を発表するコクワガタ。

常に勝っていた王我は選ばれず・・・モリキングが後継者となったのでした。

強い自分ではなく、優しさで後継者の資格を奪われた王我・・・。

その恨みを、今も持っています。

自分の方が強いと自負する王我は、モリキングに止めを刺しました。

王我の技をまともに食らい、吹き飛ぶモリキング。

しかし・・・aikoのカブトムシの音楽と共に立ち上がります。

王我に向かって、王の資格がないと判断された真意が分かっていないと話すモリキング。

森王流の奥義を見せると言い、立ち上がるのでした。

森林王者モリキング【25話】感想

森林王モリキングも、終わりが見えてきました。最後の森林王候補である。王我と戦うモリキング。

王我はモリキングとの修行の日々を覚えていましたが、モリキングは全く覚えていません。

今までの感情は、王我の一方的なものだったんですね!!幼虫の頃、コクワガタの修行を受けていた2体は、森王流の後継者候補でした。

最後の修行を終えて、選ばれたのはモリキング。その理由を、未だに王我は分かっていないようです!

王我に全てを分からせるため、モリキングが立ち上がります!

森林王者モリキング【26話】考察予想

次回、2体の決着が着くと思います。残りは、1話か2話になるでしょう・・・。

森王流を受け継いだモリキングが、最後の奥義を披露するようですね。

この奥義は、仲間との絆がないとつかえない奥義になっているのではないでしょうか!?

昆虫以外の全てを滅ぼすと誓い、力におぼれた王我。そんな王我と対極の力が、奥義には備わっていると予想します。

ドラゴンボールの元気球のような技で、モリキングは王我に勝利!!最後はみんなが仲間となり、最終回を迎えると予想します。

森林王者モリキング【26話】へ

まとめ

この記事では、森林王者モリキング【25話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「森林王者モリキング」を1冊無料で読む