週刊少年マガジン

魔女に捧げるトリック【14話】最新話ネタバレ感想「煉獄」ヘルガの妹のラウラ!

こんにちは。ひらりです。2020年11月25日発売の週刊少年マガジンより、魔女に捧げるトリック【14話】「煉獄」を読みました。

13話では、最強の魔女と呼ばれるベルを仲間に加えるため、ヴァレリーの屋敷に侵入したマキトとミア。しかし、ベルはヴァレリーの手下でした。

ヴァレリーの罠にはめられ、マキトは完全に敗北します。落ち込むマキトを励ますのはミア・・・。マキトは、なんとか気持ちを立て直すのでした。

それでは、この記事では、魔女に捧げるトリック【14話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

魔女に捧げるトリック【14話】最新話ネタバレあらすじ

反撃に出ようとするマキトは、自身の親指に仕込んだあるモノを取り出します。

そこに仕込んでいたのは、超小型のノコギリ!!?

このノコギリを使って、牢屋から脱出使用としてるのです、

事前に最悪の事態を考えていたマキトは、奥の手を隠し持っていました。

脱出する準備を始め、ベルが助けてくれなかったら危なかったと話すマキト。

そのベルという言葉に、反対側の牢屋にいた人物が反応します。

牢屋に入れられていたのは・・・1人の少女。

彼女はラウラと名乗り、ベルの妹だと話しました。

そんなラウラに、ベルの過去を尋ねるミア。

ラウラは、自分たちの家族について語ります。

4人家族だったラウラは、父と母、姉のベルとで幸せに暮らしていました。

当時にベルを一言で表すと・・・不器用・・・。

ただ、父と母、ラウラが宝物であると語っている普通の少女ではあったのです。

そんな宝物を守るため、剣術を我流で学び始めたベル。

毎日訓練を続け・・・その才能が開花しました!!

遂には、名のある剣士に勝つほどの腕前となったのです。

その強さが、ベルの不幸の始まり・・・。

あまりの強さに、魔女だと決めつけられたベル。

ある日、ヴァレリーが現れます。

外から帰ってきたベルとラウラの家には、ヴァレリーの姿。

その足下に、両親の死体が転がっているのです。

怒り狂ったベルは、ヴァレリーに攻撃を仕掛けました。

しかし・・・返り討ちにあったのです。

その日から、自分が剣を取った事に後悔を抱いたベル。

自分の剣術が、両親を殺したと感じていました。

その後、ベルはヴァレリーに連れ去られ、妹を人質に取られます。

闘技場で100勝したら、魔女の汚名をなくして妹と自由にしてやる・・・。

その約束のため、ベルは必死に戦っているのです。

今日も闘技場に現れたベルは、残り2勝だとカウントしていました。

そんなベルの事情を話したラウラは、涙ながらに懇願します。

残り2勝で自由になれる・・・。

マキトに、自分たちのことは放っておいてほしいと話しました。

その言葉に共感し、手を出さないでおこうと話すミア。

ただ・・・マキトは、ラウラの話しを全否定!!

100勝したら自由など、嘘だと言いきりました。

そんなマキトを見て、ニヤリと笑うラウラ。

先程とは雰囲気を変え、合格ですと呟きます。

魔女に捧げるトリック【14話】感想

マキトの下準備によって、脱出のチャンスを得ました。そんなマキトとミアの前に現れたのは、ベルの妹であるラウラ。

彼女は、ベルの過去について全て話しをしてくれます。

その話しを聞き、残り2勝で2人が自由になることが明らかとなりました。

しかし、それは誰が効いても分かる嘘・・・。

純粋なミアと、ベルはヴァレリーの言葉を信じているのでしょう!!そもそも、闘技場で100連勝した女を今更魔女ではないと世間が思うはずがありませんね!!

魔女に捧げるトリック【15話】考察予想

次回、ベルより先にラウラが仲間に加わりそうです。これは同時に、ベルの仲間入りが確定したことになりますね。

妹のために、必死に戦って98連勝しているベル。

ラウラがマキトの仲間になれば、ベルが着いてくることは明らかです。ラウラはベルより物事を見通せるタイプで、彼女も特殊な力を備えている可能性も・・・。

3人は脱出し、ベルを救いに向かうのではないでしょうか!?次はヴァレリーにリベンジし、完全勝利を飾ってくれると思います。

まとめ

この記事では、魔女に捧げるトリック【14話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!