男性向けまんが

ましろ日【52話】最新話ネタバレあらすじ感想|53話を考察!

こんにちは!2019年5月10日発売のビッグコミックより「ましろ日」第52光「箱根駅伝」を読みましたのでご紹介します。

51光では・・・防府マラソンで山崎は上杉に勝ち、東京マラソンの強化選手としての権利を獲得した。しかし、山崎は強化選手になって東京に行くのを拒否した。今回のマラソンでは中居のおかげで、余裕をもって勝利したが、走っていて楽しくなかった。何か違うのだ。

ましろ日【52話】最新話ネタバレあらすじ

防府マラソンに勝利しながら、山崎は強化選手辞退を宣言した。そして新聞記者の質問に答え言った。

「オレは東京に行かずに広島に住んで、絶対に幸せになる。幸せになるためには、皆のいる広島で走らなくてはならない。つまりチーム山崎、もしくはチーム正太郎で走る。」

中居は慌てて言った。

「もし何か非礼があったのなら謝る。だから、一緒に東京パラリンピックを目指そう。」

「だったら中居さん。あなたがチーム山崎事チーム正太郎に入ればいい。そうすれば一緒に走れる。」

その時点で、ブラインドマラソン協会の桜坂ははっきりと見切りをつけた。

「中居ちゃん、もういいわ。そこまで欲しい選手じゃない。さようなら」

中居はそれから迷い、悩んだ。自分の何がいけなかったのか。

一生懸命伴走をして、そして山崎を勝利に導いた。しかし、山崎は喜び、感謝するどころか、自分から離れていった。

中居は反省する。

いつの間にか自分は世界一の伴走者だと、自信過剰になっていたのかもしれない。箱根マラソンでの失敗を思い出した。

体調が悪い中で走って途中棄権をし、みんなに迷惑をかけた。そうなのだ。自分のために走るのではなく、仲間のために走るのだ。

中居は気が付いた。そして山崎のもとを訪れ、土日には広島に来ると告げた。

ましろ日【52話】を読んだ感想

マラソンは孤独なスポーツだとよく言われる。確かに助ける人もなく、一人で走りきらなくてはならない。

しかし、走るまではいろいろな人々のサポートがあり、助けがある。駅伝ではタスキを次の人につなぐために走る。ブラインドマラソンでは、伴走者が常に隣に居り、その人のサポートで走ることが出来る。

たすきに変わるもので常につながり、一緒に走っている。それが楽しさにつながるのだろう。山崎の“楽しくない”はそこから生じているのだと思う。

ましろ日【53話】を考察

中居は世界一の伴走者だと自負していたが、いつのまにかそれが自信過剰につながり、過信となり一緒に走るランナーにそれを感じさせていたのだろう。

旧友と会ってそれを思い出し、中井はチーム正太郎の一員となった。広島に移住して、住みつき、そこでみんなと一緒に走り、幸せになる。

それがマラソンランナーとしての生きざまになるのだろう。広島に住み、広島で走り、広島の仲間と一緒に幸せになるのが夢なのだ。中居の伴走技術は多分世界一だろう。山崎はそれで鍛えられ、東京パラリンピックを目指す。

完全無料でコミックスやアニメが見られるのはU-NEXT!

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額
U-NEXT

31日間無料
2,189円
600ポイント付与

月額料金 トライアル期間は無料、その後税込み2189円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

U-NEXT漫画ランキングこちら

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。

\登録は3分程でできます/

さらにさらに動画配信にとっても強いサービスなのでたくさんの見放題作品も豊富に揃っています。

U-NEXTの今話題のアニメこちら

見放題作品は210,000本!!新しい東京卍リベンジャーズや映画公開中のコナンも過去作を配信!見逃せないですね!

初回は31日無料とあれば、絶対損はないですよね

\登録は3分程でできます!いますぐチェック/

週刊少年マガジンやサンデー、チャンピオンヤングマガジンヤングジャンプなども初回のポイントで600円以内なので無料となります。