マッシュル-MASHLE-

マッシュル67話最新話ネタバレ確定感想|予想外!強力な魔法のセルが?

こんにちは。ひらりです。

2021年6月21日発売の週刊少年ジャンプより、マッシュル-MASHLE-67話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

66話では、マッシュが狙われる理由、マッシュ出生の秘密が明らかになりました。

不老不死の心臓を作り出す闇魔法のためのパーツとして生み出されたマッシュですが、そんなことは関係ありません。

強くなったマッシュは自分を狙う者をとにかく倒します。

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

U-NEXT
初回限定31日間無料!入手困難な作品もU-NEXTなら取り扱い作品数№1

漫画ランキングこちら

今話題のアニメこちら

無料期間中に解約しても違約金はかかりません。安心・安全なサイトです!

▼登録は3分程でできます!いますぐチェック▼

マッシュル67話最新話ネタバレ考察『激闘!マッシュVSセル』

毎回ラストで少し描かれるも中々始まらなかったマッシュVSセルの戦い。

そろそろ待ち遠しいと感じる読者がしびれを切らす頃でしょう。

これまでの終わり方としては、マッシュがセルのことを分からずにいたり、攻撃してきたマッシュにとりあえずマッシュが反撃していた形でした。

しかし前回ラストは完全にマッシュが勝利宣言をしています。

これは戦いスタートの合図です。自分の出生の秘密を知って尚、今を生きる自分の道を進むマッシュとウォールバーグの姿は重なる部分がありました。

マッシュル67話最新話ネタバレ考察『セルもまた無邪気な淵源のために生み出された存在』

マッシュは無邪気な淵源が不老不死となるために生み出した、なくてはならない存在です。

そんなマッシュと同様に、セルも無邪気な淵源に生み出された人間でした。

セルの場合は死体が元であるため、マッシュのような重要性はなくただの駒です。

そんなことを分かっていても、セルは無邪気な淵源のために死ねるのであれば幸せだと言っています。

そのセルの意思はずっと揺るがないのでしょうか?

マッシュはセルを殺すことはありません。しかし不要と感じた無邪気な淵源がセルを殺そうとした時、セルの意思は揺れるのではないかと予想します。

マッシュル67話最新話ネタバレ考察『ウォールバーグ最強説?』

今の魔法界ではウォールバーグが最強。これは神覚者たちも言っていたことであり、前回の話でウォールバーグ本人が言っていたことも決して大げさではなく事実です。

しかしそれは無邪気な淵源という敵の存在を見てこなかった場合です。

今回の襲撃で無邪気な淵源はウォールバーグと拮抗する力を持っていることが分かりました。

更に禁忌魔法に手を出し、過去最強の魔力を持つアダムを蘇らせた無邪気な淵源を前にしてもウォールバーグが最強であると言えるのかは不明です。

この戦い、ウォールバーグの強さを信じてもいいのでしょうか?

マッシュル67話最新話ネタバレ確定『マッシュ・バーンデッドと4枚の金剛刃』

セルは魔法により杖の形を変えます。

両端に現れた4つの刃にマッシュが驚いていると、セルはこれが杖の本来の姿だと言います。

4つの刃はマッシュに向かって飛んできました。

マッシュは刃を避けることが出来ましたが、代わりにマッシュの後ろにあった校舎がすっぱりと切られてしまいました。

ダイアモンド製の刃はどんなものも切ってしまうとセルは得意げに言います。

その時マッシュの後ろから刃が飛んできました。この刃はマッシュを切り刻むまで追い続けてくるのです。

マッシュは今のところ避けられていますが、それでもかすり傷が出来始めます。

このままでは攻撃が出来ないマッシュは、もう刃を無視して攻撃することを考え始めます。そしてセルに向かって走り出します。

しかし、刃がマッシュの邪魔をしてきました。4つの内の2つはマッシュがセルに近づくことが出来ないように待機しているようです。

セルはここで更なる魔法を使います。

2人の頭上に、トゲトゲの大きな球が現れました。

セルは本来の姿になった杖だからこそ、魔力もこれまで以上に出すことが出来ると言いました。

4つの刃と同じくダイアモンド製の球を使い、セルはマッシュの居場所である学校と仲間たちを全て消し去ろうとしているのです。

マッシュは突然セルに向ってくることを止め、刃に追いかけられながら逆に走って行ってしまいます。

セルはマッシュが逃げてしまったのだと思いましたが次の瞬間マッシュはセルの後ろにいました。

学校を一周している間に、追いかけてくる刃を撒いたのです。

驚くセルはマッシュが刃でセルごと切ろうとしていることに気づき、自分の体をダイアモンドで覆います。

追いついてきた刃はマッシュの体を貫きましたが、セルの体は無傷です。

セルは勝ち誇ったように倒れたマッシュの頭を踏み潰しますが、ずっと踏み潰し続けていたものはマッシュの頭ではなくシュークリームであることに気がつきます。

そこに大きな大きなシュークリームを持ったマッシュが現れ、セルの口にシュークリームを詰め込み始めました。

息が出来ず苦しむセルですが実際のセルはシュークリームを詰め込まれておらず、マッシュに首を圧迫されていたのです。

セルは打撃を止めて絞め技にシフトしたマッシュに首を絞められており、低酸素症を引き起こして幻覚を見ていたのです。

完全に落とされたセルの魔法は解け、頭上の球は消えました。

マッシュル67話感想

今回強力な魔法を2つも使ったセルがまさか落とされてしまうとは予想外、一気に戦況が一転しました。

セルが見ていた幻覚でマッシュがシュークリームを持って来た時、実際にもあり得ることなので現実だと思いました。

1回学校に入ったマッシュであればその隙にシュークリームを取って来る、もしくは作ってくることも不可能ではなさそうです。

友達も学校も守ろうとするマッシュ。

学校の中で誰よりも学校を大切にしていそうで、すごく好印象です。

▷マッシュル68話へ

まとめ

この記事では、マッシュル67話の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。