マッシュル-MASHLE-

マッシュル65話ネタバレ確定感想|マッシュ・バーンデッドとランニング

こんにちは。ひらりです。

2021年6月7日発売の週刊少年ジャンプより、マッシュル-MASHLE-65話『マッシュ・バーンデッドとランニング』を読みました。

64話では、ドットとランスがシッターベイビーという敵の魔法で赤ちゃんにされてしまいました。

魔力も弱まり大ピンチの2人。

しかし弱められてなお機転を利かせるランスによりシッターベイビーは倒され、2人は元の姿に戻ることが出来たのでした。

それでは、この記事ではマッシュル65話の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

マッシュル65話ネタバレ考察『今度こそマッシュの戦い?』

前回のラストでマッシュが対峙する敵のことを忘れていた、というシーンがありましたが、同じシーンが62話でもありました。

そのことを踏まえると、次回でマッシュと無邪気な淵源幹部の戦いが描かれるかは危ういところです。

今回がドットとランスだったように、マーガレットやカルドが敵の幹部や今回出て来た配下の死刑囚に狙われる可能性も考えられます。

マッシュの戦いはメインバトルとなるため、もう少し焦らしてから描かれるのではないでしょうか。

マッシュル65話ネタバレ考察ウォールバーグと無邪気な淵源の戦いが過熱!』

地上での戦いもさることながら、上空では最強と最強がぶつかっています。

今のところ地上に影響は出ていませんが、かなり激しい戦いとなっていることでしょう。

しかしお互いに最強だからと言って戦いが長く続くとも限りません。

大きな魔法を受けたどちらかが地上に落ちてくる可能性があります。どちらが敗れるのか、と予想した時、それはウォールバーグであると思いました。

1回目は悪が勝利し、その後マッシュが勝利してくれる、がテッパンの展開です。

マッシュル65話ネタバレ考察『他の幹部たち』

無邪気な淵源の1人はウォールバーグに睨まれただけで萎縮してしまいました。しかし、それはあくまでも下っ端。

幹部ともなればどっしり構えているはずです。

死刑囚も名前が六罪杖という名前であることから6人はいます。

地上では幹部たちが次々に出て来てドット、ランス、カルド、マーガレットのことを遊ばせては置かないでしょう。

誰か1人でもやられたらそこで動揺が広がってしまいます。そうしてドットたちは一気にやられてしまうのではないでしょうか。

マッシュル65話ネタバレ確定『 マッシュ・バーンデッドとランニング』

ライオ・グランツとカイセ・ツッコミーが闘技場へ急いでいます。

ウォールバーグと無邪気な淵源の関係に疑問を持つカイセに、ライオは躊躇いながら説明を始めました。

この魔法社会は神に匹敵する人物、アダムにより形作られました。

誰も敵わないアダムの一番弟子だったのが、ウォールバーグと無邪気な淵源だと言うのです。

2人の力は拮抗するはずですが、ライオは無邪気な淵源には勝算があるから

攻めて来たのだと考えます。

その頃、無邪気な淵源はそれまで隠していた顔をウォールバーグに見せていました。

ウォールバーグは驚きます。無邪気な淵源の顔には、目や鼻と言ったパーツがなかったのです。

ウォールバーグの反応が酷いと言う無邪気な淵源は、その後ウォールバーグの知る元の顔へと戻しました。

ウォールバーグは無邪気な淵源が人間を辞めてしまったのだと思いましたが、無邪気な淵源は際限のない欲を持った自分は誰よりも人間だと話します。

そして本日の目的はマッシュを持ち帰ることとウォールバーグを連れ帰ることだと言いました。

無邪気な淵源は体を変形させながら禁忌呪文を唱えます。

闘技場では無邪気な淵源は幹部セル・ウォーがマッシュに向かい、忘れているのかと聞いていました。マッシュは何も答えません。

それどころか何故かマッシュにはセルの顔はシュークリームに見えています。

流石のセルもキレました。そしてマッシュを殺すとトゲで攻撃してきました。

攻撃を避けたマッシュはここで気づきます。

ようやく思い出したようだとセルは思いますが、マッシュは何も言いません。

セルは巨大な槍でマッシュを狙います。

セルのことを覚えているドットはマッシュのことを心配しています。以前は

アベルの人形を鎧にして槍を防ぐことが出来ましたが今回は隠れられるものがありません。

しかしマッシュはセルの魔法の上を走っていました。とにかく走り続けるマッシュに、セルはあっけに取られています。

するとマッシュはセルにビンタをします。

セルを思い出したマッシュは、1度見たことのある魔法に2度もやられないのです。

マッシュル65話感想

前半はウォールバーグVS無邪気な淵源の戦い、後半はマッシュとセルの戦いが描かれました。

しかも今回は無邪気な淵源の正体が少しだけ明らかになりました。

ウォールバーグと無邪気な淵源は兄弟弟子に当たりますが、光と闇として完全に別れてしまったのでしょう。

師匠が神に匹敵する魔法使いであることから、この2人がぶつかることは世界が破壊されかねないと言う事です。

この戦いで失われるものはとても多いのではないでしょうか。

マッシュはようやくセルのことを思い出しました。

しかも超余裕の様子。無邪気な淵源幹部と言えど、マッシュにやられてしまうこと間違いなしだと確信してしまいました。

▷マッシュル66話へ

まとめ

この記事では、マッシュル65話の考察・展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。