マッシュル-MASHLE-

マッシュル【42話】最新話ネタバレ感想!マッシュ・バーンデッドと砂の神覚者

こんにちは。ひらりです。2020年12月7日発売の週刊少年ジャンプより、マッシュル【42話】「マッシュ・バーンデッドと砂の神覚者」を読みました。

41話では、魔法が使えないことがバレたマッシュは、魔法局に呼び出されています。マッシュのことを死刑にすべきだと主張する神覚者の集団。

その時、魔法局副局長のブレスが無邪気な淵源に操られます。魔法蟲によって操られるブレスを・・・マッシュは躊躇なく助けるのでした。

それでは、この記事では、マッシュル【42話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

マッシュル【42話】最新話ネタバレあらすじ

ブレスを助けたマッシュを見ても、全く意見を変えない神覚者のオーター。

処刑場に連行すると言います。

その言葉を聞き、マッシュはその場から動かないと言いました。

地面に足をめり込ませ、抵抗するマッシュ。

次の瞬間・・・オーターは攻撃を仕掛けます。

そんなオーターを止めたのは、同じく神覚者であるライオ。

彼は、唯一この場でマッシュのことを認めていました。

ライオはオーターに杖を向け、マッシュへの攻撃を辞めさせます。

さらに、オーターの上からは巨大な剣・・・!!?

剣魔法を使う魔導師、神覚者のレインが現れました。

レインの隣にいる人物を見て、驚く神覚者たち。

そこには、ウォールバーグが立っていたのです。

マッシュの処分を待ってくれと話すウォールバーグは、無邪気な淵源への手掛かりになると話しました。

ウォールバーグが注目を集めることに、違う意味で驚くのはマッシュ。

困惑するマッシュに、ライオはウォールバーグの偉大さを語ります。

元神覚者のウォールバーグは、唯一無邪気な淵源と渡り合った人物。

魔法界では、生きるレジェンドと呼ばれているのです。

そんなウォールバーグにも臆さず反論するのはオーター。

次の瞬間・・・ウォールバーグは、深々と頭を下げました。

マッシュの事を、人の心を動かせる人物だと評価するウォールバーグ。

さらに、魔法を使えない者を劣等種だと決めつけるこの世界を、疑問に思うと言い始めたのです。

そんなウォールバーグに同調し、頭を下げるレイン。

それでも、神覚者たちは意見を変えようとしませんでした。

そんな話に割って入ったのは、魔法局副局長のブレス。

この件を任されているブレスも、神覚者の同じ意見だと話します。

しかし・・・先程、体を張ってブレスを助けたのはマッシュ。

頭では規則が正しいと思っていても・・・マッシュに猶予を与えるべき!!

これが、ブレスの出した結論でした。

この件の全権を持っているブレスの決断により、猶予期間が設けられることになったマッシュ。

ただ、オーターは条件を付けてきます。

それは、今年の神覚者候補。

その中に入れなければ、マッシュを処分すると断言しました。

オーターの条件を、潔く受け入れるマッシュ。

さらに、ただ神覚者になるだけではダメだと、自分で条件を上げます。

グーパンで、無邪気な淵源を倒す!!

そう宣言するマッシュは、拳で地面を殴りました。

その振動によって・・・・世界に自身が起きるのです!!

マッシュル【42話】感想

神覚者たちの判断は、マッシュの処刑。頭の固い連中が、力を持つことが多いようです。

しかし、ライオやレイン、伝説と魔で言われるウォールバーグは違いました。マッシュの肩を持ち、処分を見送るように進言します。

魔法が全ての世界では、神覚者たちの意見が普通。ウォールバーグの意見は、間違っていることになるのでしょう。

そんな世間の当たり前を、間違いだと言えることの大切良さを感じました。マッシュは、周囲を認めさせることができるのでしょうか!?

マッシュル【43話】考察予想

魔法が使えない強さを、マッシュは証明しなければなりません。ただ、彼の身体能力には秘密がありそうですね。

無邪気な淵源がマッシュを狙っている理由は、そこにあると思います。魔法の力を無くす代わりに、とんでもない身体能力を手に入れる・・・。

そんな実験の結果、マッシュが生まれた可能性があります。

拳で地震を起こすほどの力。その力でと心で、マッシュは魔法界を変えることになるでしょう。

校内で、最も多い金貨を獲得しているのはマッシュ。神覚者候補に挙がることは、間違いないと思います。

マッシュル【43話】へ

まとめ

この記事では、マッシュル【42話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くだありありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!