マッシュル-MASHLE-

マッシュル-MASHLE-【41話】最新話ネタバレ確定&感想!マッシュ・バーンデッドと神覚者たち

こんにちは。ひらりです。2020年11月30日発売の週刊少年ジャンプより、マッシュル-MASHLE-【41話】「マッシュ・バーンデッドと神覚者たち」を読みました。

40話では、マッシュが魔法を使えないことが完全にバレてしまいました。魔法を使えないものは処分がルールですが、神覚者の1人ライオ・グランツが面白がってマッシュに猶予を与えます。

マッシュはライオに出された課題をクリアし許してもらえそうなところで別の神覚者たちが到着しました。

それでは、この記事では、マッシュル-MASHLE-【41話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

マッシュル-MASHLE-【41話】最新話ネタバレあらすじ

ライオに許してもらえたため、このまま帰ろうとするマッシュはブレス・ミニスターに怒鳴られてしまいました。

そしてそのまま足に砂が絡みついてきます。

マッシュの足を砂が押さえつけた状態で、砂の槍がマッシュを襲いました。マッシュは勿論パワーで乗り越えましたが、そこで神覚者6人が尋問室に入ってきました。

ウォールバーグ校長に呼ばれてやって来た、レナトス・リボル、ツララ・ヘイルストーン、カルド・ゲヘナ、アギト・タイロン、ソフィナ・ブリビア、オーター・マドルの6人。

先ほどの砂の魔法はオーター・マドルによるものです。

神覚者でもルールを優先する者と、柔軟さを求める者、興味がない者など意見は様々です。

オーターは上に立つ者が一時の感情で特例を認めてはいけないと考えており、魔法が使えないだけでなくその正体を隠してイーストン校に通っているマッシュを殺そうと提案します。

ショックを受けるマッシュは膝から崩れ落ちました。

その時、ブレス・ミニスターがオーターの意見を却下します。マッシュとオーターの間に降りて来たブレスは、目玉をぎょろぎょろと動かすと、イノセント・ゼロだと名乗りました。

マッシュはイノセント・ゼロのものだとブレスが言うため、マッシュの出自がさらに疑われてしまいますがマッシュは本当に何も知りません。

今のブレスはイノセント・ゼロによって埋め込まれた寄生魔法虫によって喋らされています。

寄生魔法虫は助けようとした者に移り寄生する危険な生物です。

ライオが寄生魔法虫を自分の手で取ろうとした時、既にマッシュがブレスの頭から寄生魔法虫を引きずり出していました。

寄生魔法虫に口から入られたマッシュは、口の中で寄生魔法虫を結び簡単に出してしまいさらにライオに気に入られます。

全てが平和的に解決、と終わろうとしますがオーターはマッシュの死刑を忘れてはいませんでした。

連れていかれたくないマッシュは自分の足を地面に突き刺し連れて行くことが出来ないようにしました。

マッシュル-MASHLE-【41話】感想

すごい人たち神覚者が続々登場しました。堅物そうなオーター・マドルがいるのに対し、ライオ・グランツのように面白いものが好きな人もいます。

天才とはやはりいろいろな人がいるのだな、と思いました。濃いキャラがたくさんいる中でもやはり一番面白いのはマッシュでした。

自分の足を地面に突っ込むところが最高でしたが、寄生魔法虫を口の中で結んでしまったことにも驚き。

マッシュは舌まで鍛えてあったのですね。どうして見た目が普通なのか気になります。

マッシュル-MASHLE-【42話】考察予想

足を突っ込んだところで床ごと壊されたら終わりなことにマッシュは気づいていないのでしょう。

マッシュの場合、抜かれたところでまた床に刺さりあがいていそうな気がします。

マッシュとの攻防戦を続けたら尋問室がボロボロになってしまうような気がするため、オーターもやりすぎることはしないでしょう。

ライオがどんどんマッシュのことを気に入っていきます。

マッシュはこのままイーストン校にいることを渋々許された後、神覚者に認められたと別の噂が立ち始める気がします。

マッシュル【42話】へ

まとめ

この記事では、マッシュル-MASHLE-【41話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「マッシュル-MASHLE-」を1冊無料で読む