MAJOR 2nd

メジャーセカンド【218話】最新話ネタバレ確定!激化するポジション争い

こんにちは。ひらりです。

2020年12月23日発売の週刊少年サンデーより、MAJOR 2nd【218話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定記事はこちら

217話では、大吾への信頼感が揺らぐ睦子。 部内恋愛については相談したアニータと千里の意見は様々でしたが、関鳥は野球を一生懸命している限り、野球も大吾もそばに居ると言い、焦ることないとアドバイスをします。

移動式のピッチャーマウンドを用意する大吾や道塁の気持を知った睦子は、独り相撲を取っていた自分が恥ずかしくなり思わず泣きだすのでした。 

メジャーセカンド【218話】最新話ネタバレ『冬合宿始まる』

寿也が事前に知らせていた、風林中と大尾中の2泊3日の集中合宿の様子が描かれます。

ガールズたちが予想していた温泉地ではなく学校の施設を利用した合宿のため、今一つテンションが上がらないか心配ですが、目的には合同チームとして互いの親睦を深めることもあります。

日中は短期間ながらも寿也のことなので、普段できないようなハードな練習を考えている可能性が高そうです。

そして合宿ではお約束ともいえる、恋愛話の発展にも期待するところです。

メジャーセカンド【218話】最新話ネタバレ『激化するポジション争い』

大尾中2名の合流により、選手層にやや厚みが出てきた風林。

今までは誰かがケガをしたら最後という、9人ギリギリの戦いを強いられてきましたが、人数確保の問題は解決しました。

しかし、今度は補欠が必ず出てきます。

現在の風林はピッチャーが3人用意しているため、道塁は志願したとおり内野でレギュラーを狙っています。

千葉はサボり癖があるとはいえ、プレイヤーとしての才能は図抜けたモノがあります。

現レギュラーであるアニータたちがポジションを死守できるのか、部内競争が楽しみです。  

メジャーセカンド【218話】最新話ネタバレ『新学期始まる』

どうしても野球のオフシーズンは試合描写がなくなり、春に向けての体力強化のため練習のシーンが必然的に多くなり、春先までは画的には地味になってしまいます。

そのため、冬合宿も回想シーンなどで軽く終わらせて、マンガならではの時間ワープで一気に新学期まで進み、大吾たちが進級している可能性もあるかもしれません。

4月に入り部員たちの体力アップの確認やポジション争い、新入生の勧誘に練習試合など、豊富なネタを楽しむことが出来そうです。

まとめ

この記事では、MAJOR 2nd【218話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定記事はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。

「MAJOR 2nd」のアニメや漫画を1冊無料で読む