週刊少年ジャンプ

破壊神マグちゃん【22話】最新話ネタバレあらすじ感想|少年の謀略

こんにちは。ひらりです。2020年11月30日発売の週刊少年ジャンプより、破壊神マグちゃん【22話】「少年の謀略」を読みました。

21話では、流々が寝る深夜、家を抜け出したマグちゃんは他の邪神とともに街に繰り出していました。

思ったよりも田舎だったため、夜の街で遊ぶと言う野望は打ち砕かれたが、唯一やっていたスナックで大人の時間を過ごすマグちゃんたちでした。

それでは、この記事では、破壊神マグちゃん【22話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

破壊神マグちゃん【22話】最新話ネタバレあらすじ

練は母親から流々におすそ分けのミカンを持っていくように頼まれます。

そこに一緒にあったのは街で唯一大きなショッピングセンターの商品券でした。

喜ぶ流々と一緒にショッピングセンターに行く約束をしたため、ドキドキを隠せない練。

夜道でガッツポーズを決めた練は、デートを成功させるためにある対策を練るのでした。

週末、ショッピングセンターにやってきた流々の頭の上には当然のようにマグちゃんが。

がっくりする練でしたが、この流れを呼んでいたためナプタークを連れてきていたのです。

マグの注意を引いてほしいとナプタークに頼んでいた練の作戦通り、納豆を使ってマグを引き離すことに成功します。

流々と練は本屋にやってきていました。

練はがっつり計画を立てていたので、男らしくリードしてやると意気込んでいましたがフードコートで姉を発見して顔を青くするのでした。

フードコートをスルーした二人はレストランで食事をします。

ゲーセンでいいところを見せようとする練でしたが、クレーンゲームの中にはなぜかマグとナプタークが。

クレーンキャッチャーでお金を使いすぎて涙目になる練でしたが、最後に挽回しようと景色のいい場所に流々を誘います。

しかし外は雨が降っていたのでがっくりして帰ることになるのでした。

バス停で雨宿りすることになり、謝る練でしたが流々は笑いながら楽しかったと答えるのでした。

マグちゃんが傘に変身して、良い感じの相合傘で帰ることになった二人なのでした。

破壊神マグちゃん【22話】感想

練が好意を寄せる流々を喜ばせるためにデートのプランを色々考えていたところがとても微笑ましく思いました。

舞台がそこそこの田舎であるのもなんだか和やかに感じられていいですね。また、そんな練の計画を阻むかのごとく、マグちゃんやナプタークがアクシデントを巻き起こすところもお決まりではありましたが可愛くておもしろかったです。

少しだけ登場した錬の姉もフードコートで友達とだらついているところが新鮮でよかったです。

破壊神マグちゃん【23話】考察予想

錬の家の料理屋でバイトしているナプタークですが、バイト代を何に使っているのかはあまり詳しくは語られていません。

そんなナプタークがあることにバイト代を使うというのが次回の見どころのようですね。

やはり普段お世話になっている使徒であるヤドカリや鳥たちに何か恩返しをするような流れがとても微笑ましくていいなと期待しています。

せっかく稼いだバイト代をマグちゃんに使われてしまうなどという悲しい流れもあり得るかもしれません。

破壊神マグちゃん【23話】へ

まとめ

この記事では、破壊神マグちゃん【22話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

「破壊神マグちゃん」を1冊無料で読む