週刊少年ジャンプ

クーロンズ・ボール・パレード【2話】最新話ネタバレ感想|出会い

こんにちは。ひらりです。

2月22日発売の週刊少年ジャンプより、クーロンズ・ボール・パレード【2話】「出会い」を読みました。

第1話では、甲子園優勝の常連である白凰学院に憧れる小豆田玉緒。 しかし、満を持したセレクションは活躍するも不合格となりました。

落ち込む小豆に声をかけたのは、紅白試合でバッテリーを組んだ龍堂です。

小豆を見込んだ龍堂は、白凰を倒す最強のチームを創ろうと話すのでした。

それでは、この記事では、クーロンズ・ボール・パレード【2話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

クーロンズ・ボール・パレード【2話】最新話ネタバレあらすじ

白凰を辞退した龍堂。

そもそも龍堂は海と山に囲まれた擁護施設で育ったようです。

しかし周囲は年の離れた年少の子ばかり。

龍堂の相手は壁に向かって一人でボールを投げる日々が続いていました。

高校野球を見た龍堂は、いつしか最高の仲間たちをイメージします。

月までホームランを飛ばす強打者に華麗な守備の二遊間。

そしてボールを捕るのは頭脳派捕手。

セレクションで出会った小豆のプレーを見て、龍堂は理想の捕手だと感じたようです。

河原の少年野球達の姿を羨ましそうに眺める龍堂は、転がってきたボールをダイレクトで返球。

白鳳の野球では息がつまってしまう。

やはり野球は楽しくなければと思うのでした。

自分が思い描いたチームで白鳳に勝ち頂点を獲る。

その時の捕手が小豆であればいいなと龍堂は語るのでした。

龍堂の誘いは魅力的だと思いながら、やはり無理だと話す小豆。

何故ならば今の9月末では有力選手たちの進路はほぼ決定。

これからメンバー集めは困難で、学費や学力など学校の問題もあります。

そこまで話をしていると、急に草むらから段ボールを被った謎の女子高生が一旦タイムと名乗り出てきました。

彼女の名前は、黒滝かりん。

黒龍山高校1年生にして野球部強化部長の肩書きを持ちます。

かりんは白鳳のセレクションに隠れて偵察していたようで、既に2人の実力はチェック済。

ゴールデンバッテリー誕生の予感に妙なハイテンションです。

“最高のチームを創る”

龍堂の考えをかりん気に入り、その夢を黒龍山高校で実現してはと提案。

2人を野球特待生として招待するのでした。

クーロンズ・ボール・パレード【2話】感想

主要人物のキャラ付けが明らかになりつつありました。

龍堂太央
・擁護施設育ち
・投球相手はコンクリートの壁

小豆田珠緒
・頭脳派捕手
・メガネ

黒滝かりん
・野球フェチ
・理事長の孫娘

こうして各々の特徴を羅列してみると、どこかの野球マンガと幾つか被っている気もします。

因みに名刺に書かれていた「明日もホームラン」という言葉。

元ネタは懐かしい吉野家の昭和CMです。

父親が牛丼をお土産に帰宅して「明日はホームランだ!」と息子が笑顔で話すシチュエーション。

『ジャンプ』では牛丼大好き「キン肉マン」の連載が始まったころの時代です。

クーロンズ・ボール・パレード【3話】考察予想

サチェル・ベイジや神様仏様稲生様など、マニアックな選手を列挙するかりん。

小豆の体を触って筋肉チェックをしたり相当な野球通のようです。

無断で敵チームの視察をするのは問題ですが、小豆の懸念した時期的なものと学校面の問題はクリア出来そうな勢いです。

黒龍山は察するに東京予選で白凰に敗退している高校かと思われます。

かりんと龍堂、小豆の考えが上手い具合にマッチアップすれば、最強のチーム創りへの第一歩が叶いそうです。 

クーロンズ・ボール・パレード【3話】へ

まとめ

この記事では、クーロンズ・ボール・パレード【2話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。